渓流沿いの景勝地が見もの!奥入瀬渓流は青森観光で巡って欲しい散策スポット♪

オススメ度

青森県の奥入瀬渓流は、十和田湖畔の“子ノ口(ねのくち)”から“焼山(やけやま)”までの続く清流です。一帯は国立公園の特別保護地区であるほか、国が定める特別名勝および天然記念物にも指定されていて、水源である十和田湖と共に、豊かな自然を堪能できる場所となっています。

奥入瀬渓流沿いには歩道が敷設されており、約14kmの道のりは、森林浴が楽しめる定番の散策コースとして、多くのハイカーが訪れます。

目次

奥入瀬渓流の見どころ “三乱の流れ”

奥入瀬渓流を代表するポイントの1つにも数えられる“三乱の流れ”は、3つの渓流が合流し、水量が多い場所です。
水量が増している場所にも関わらず水流は激しくなく、川沿いには多くの植物が見られます。

奥入瀬渓流の見どころ “石ヶ戸の瀬”

奥入瀬渓流の中でも、川の流れが最大のカーブを描いているポイントです。
川の所々では緩急のついた水流を楽しむことができます。

石ヶ戸の伝説

名前の由来にも含まれている “ケ戸 (げど)”とは、青森地方の方言で、“小屋”を意味する言葉です。
ここには、一枚岩が2本のカツラの木にもたれかかる様に倒れており、それが岩でできた小屋に見えることから、岩ケ戸と呼ばれるようになりました。

この岩ケ戸にはかつて、女盗賊が居着いていたという伝説が残っています。

奥入瀬渓流の見どころ “阿修羅の流れ”

奥入瀬渓流の一番有名なスポットと言えば、テレビや雑誌などにも度々登場する、この “阿修羅の流れ”でしょう。
苔むした岩に清流がぶつかり、激しく流れ続ける様子は臨場感溢れるものとなっています。

奥入瀬渓流の見どころ “雲井の滝”

雲井の滝は、落差20mある見ごたえある滝です。
滝壺近くまで散策路が整備されているので、手軽に行きやすいのも魅力の1つ。

また雲井の滝のさらに上流には、双竜の滝もあります。しかし、歩道の整備はされていないため、双竜の滝まで行きたい人は地元ガイドに案内を頼むか、山登り装備をしっかり整えて行くことをおすすめします。

奥入瀬渓流の見どころ “銚子大滝”

奥入瀬渓流で見られる滝として、先程紹介した雲井の滝と人気を二分するのが、この銚子大滝です。
この滝は魚の遡上の妨げとなるため別名 “魚止めの滝”とも呼ばれています。

高さは7mと少し物足りない様に感じますが、川幅は20mもあり、雲井の滝とはまた違った迫力があります。

奥入瀬渓流インフォメーション

オススメ度

名称
奥入瀬渓流
住所 [Google Map]
〒034-0301 青森県十和田市奥瀬60
駐車場
焼山駐車場 [Google Map]
250台 (無料)
休屋駐車場 [Google Map]
640台 (1回 ¥500)
公式サイト
https://towadako.or.jp/towadako-oirase/

奥入瀬渓流へのアクセス

所要時間は目安です最適な乗り換え順路は検索時間により異なります。

奥入瀬渓流の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次