四万十川:日本最後の清流は「見る・体験・グルメ・癒し」なんでもありの最強スポット

オススメ度

四万十川(しまんとがわ) は高知県の西部を流れる河川で全長196km、上流に大規模なダムが無いことから日本最後の清流と呼ばれています。1985年に環境庁(現・環境省) が選定した名水百選にも数えられ、古くから天然ウナギ、アユなどの漁が盛んに行われてきました。

四万十川ではカヌーなどのウォーターアクティビティやサイクリング、屋形船など、エメラルドグリーンの川と豊かな自然を様々な形で楽しむ事が出来ます。

目次

四万十川のシンボル「沈下橋」

増水時に沈む事を前提で造られている「沈下橋」は、四万十川のシンボル的な存在です。
橋が水中に沈下することで、水の抵抗を少なくし、橋脚に引っかかった漂流物にかかる水圧で橋全体が破損するのを防いでいます。橋の欄干が無い、もしくはあっても低いのが特徴です。

カヌーやラフティングなどの川遊びを楽しむ

四万十川では大自然の中で様々なウォーターアクティビティを楽しむ事が出来ます。
初心者や子供でも楽しめるカヤック、サーフィンよりも大きいボードに立ってバランスを取りながらのんびりと進むスタンドアップパドルなど、四万十川は流れが穏やかで川幅も広い為、誰でも安心して挑戦する事ができます。

アクティビティを楽しみたい人は、事前に予約をしてからお出かけしましょう。
参考:四万十市観光サイト
https://www.shimanto-kankou.com/kanko/shimanto-river/canoe.html

レンタルサイクルで四万十川観光へLet’s Go

中村駅より3kmほどの所にある赤鉄橋

四万十川観光にはレンタルサイクルの利用もおすすめです。

四万十川りんりんサイクルは8か所のターミナルの何処で借りて何処で返却してもOKの便利なレンタルサイクルです。
JR江川崎駅、中村駅にもターミナルがあるので、電車で訪れて駅でレンタルサイクルに乗り換え、サイクリングを楽しむ事もできます。
レンタルできる自転車は26インチのマウンテンバイク1種類のみですが、中村駅にあるターミナルの四万十市観光協会では子供用シティサイクルや二人乗りタイプもレンタルが可能です。ただしこちらは返却も四万十市観光協会に限られます。

ターミナル定休日備考
JR江川崎駅(ふるさと案内所)水曜日GWと7月末から8月31日は無休
道の駅 よって西土佐12月 – 2月は火曜定休(火曜が祝日の場合は営業)3月 – 11月は無休
カヌー館1月1日 – 1月3日
四万十楽舎水曜日GW、7、8、9月のみ無休
しゃえんじり月曜 – 木曜日GWと7月末から8月31日は無休
11月、12月、3月は8:30 – 16:00までの営業
1月、2月は休み
かわらっこ月曜日(月曜が祭日の場合は火曜日)GWと7月末から8月31日は無休
四万十市観光協会なし土佐くろしお鉄道 中村駅横
新ロイヤル四万十なし

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次