落差55mを誇る“秋保大滝”では、臨場感溢れる滝壺近くまで寄れる!!

オススメ度

秋保大滝 (あきうおおたき)は、仙台市の中心地から西へ25kmほど行った緑豊かな場所にあります。仙台観光の定番スポットとしても知られる秋保温泉街や、変化に富んだ巨岩奇石などが見られる磊々峡 (らいらいきょう)も、車で15分ほどの距離にあるため、合わせて観光を楽しんでもいいでしょう。

滝は滝幅は6m、落差55mの規模を誇り、そのダイナミックに飛沫を上げる様は、華厳の滝 (栃木県)と、那智の滝 (和歌山県)と並んで、“日本の三大名瀑”にも数えられます。(秋保大滝の代わりに、茨城県の袋田の滝を三名瀑に含む場合もあります)

滝の周囲にはモミジやカエデ、ナラといった木々が自生しており、紅葉が見頃の時期になると綺麗な色彩で滝を彩ります。

目次

秋保大滝不動尊に秋保大滝のビュースポットが滝見台

秋保大滝のビュースポット“滝見台”は、不動明王を本尊とする寺院 “秋保大滝不動尊”の境内を抜けた、その先にあります。
不動尊のルーツは古く、1000年以上前の平安時代の頃、第3代天台座主である慈覚大師円仁がこの地に立ち寄った際に、秋保大滝の荘厳さに霊感を感じとり、不動明王を祀ったと伝えられており、古くから秋保大滝と不動尊に親密な関わり合いがあったことがわかります。

滝見台から見る秋保大滝の眺めは格別で、55mの高さからダイナミックに落ちていく滝をやや高い位置から眺められます。

名称
秋保大滝不動尊
住所 [Google Map]
〒982-0244 ​宮城県仙台市太白区秋保町馬場字大滝11番地
営業時間
札場 (御朱印受付)
9:00 – 17:00
駐車場
あり (無料)
公式サイト
https://www.akiuotakifudoson.com/

観賞ポイント② 滝壺

不動尊の東側、700mの場所には不動滝橋が架けられており、そこから名取川の対岸へ渡ることで、秋保大滝の滝壺近くまで行くことができます。車で訪れている人は、不動滝橋近くに駐車場があるのでそちらを利用するのが手軽です。

滝壺付近の足場は岩や石が集積しているため、歩きやすいスニーカーなどで行くことをおすすめします。また常に豪快な水しぶきが上がっているため、身体を濡らしてしまい風邪をひかないように注意しましょう。

秋保大滝インフォメーション

オススメ度

名称
秋保大滝
住所 [Google Map]
〒982-0244 宮城県仙台市太白区秋保町馬場大滝
駐車場
不動滝橋近くに駐車場あり (無料)
公式サイト
https://www.sentabi.jp/guidebook/attractions/116/

秋保大滝へのアクセス

所要時間は目安です最適な乗り換え順路は検索時間により異なります。

秋保大滝の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次