石見銀山遺跡:世界的経済にも影響を与えた“鉱山”とその文化に触れよう【世界遺産】

オススメ度

石見銀山 (いわみぎんざん)は島根県大田市にある、かつて日本最大の採掘量を誇る銀山でした。現在は石見銀山遺跡として、銀により栄えた大森の街とあわせ、島根県を代表する観光名所となっています。
16世紀から17世紀の約100年間には大量の銀が採掘され、戦国大名の軍資金や、江戸幕府の財源として使われました。また、最盛期には世界の産銀量の約3分の1を占めた日本の銀のうち、かなりの量が石見銀山で産出されたものと言われており、世界的な経済や文化交流に影響を与えました。

目次

【世界遺産】石見銀山遺跡とその文化的景観

2007年に「石見銀山遺跡とその文化的景観」のもとに石見銀山遺跡は世界遺産に登録されました。
世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」は、石見銀山支配の中枢施設跡「代官所跡」、石見銀山を防御するための山城遺構の「矢滝城跡 (やたきじょうあと)」「矢筈城跡 (やはずじょうあと)」「石見城跡 (いわみじょうあと)」、石見銀山の石造物文化を代表する信仰遺跡「羅漢寺五百羅漢 (らかんじごひゃくらかん)」、銀鉱石を博多に積み出した港「鞆ヶ浦 (ともがうら)」、銀山と港を繋ぐ道「鞆ヶ浦道 (ともがうらどう) ほか、全部で14の資産で構成されています。

石見銀山はアジアやヨーロッパの諸国において、商業的、および文化的交流をもたらしたことや、銀生産に関わる遺跡が豊富で状態良く残されていること、鉱山運営が自然環境と一体となって文化的景観を残し、現代に伝えられていること、などが理由で世界遺産に選ばれました。現在は国や自治体により適切に保護されています。

一般公開されている坑道跡「龍源寺間歩」

石見銀山では明治以前、採掘のために掘削された通路のことを間歩 (まぶ) と呼んでいました。石見銀山には大小合わせて900以上の間歩が発見されており、そのうちの一つ、龍源寺間歩 (りゅうげんじまぶ) は長さは600mの大規模な間歩です。
龍源寺間歩は常時公開されているので、観光の際には是非見学をお勧めします。

壁にはノミで削ったあとがそのまま残っています。当時の採掘作業はノミと金づちだけで行われており、これだけの間歩を掘り進めるのには大変な労力が必要であった事は想像に難しくないでしょう。

石見銀山最大級の間歩「大久保間歩」

画像提供:公益社団法人 島根県観光連盟

大久保間歩 (おおくぼまぶ) は江戸時代から明治時代にかけて掘られた全長900メートルの間歩で、石見銀山では最大級ものです。落盤等の恐れのない約150メートルが2008年よりガイド付きツアー形式で一般公開されています。(ツアーは完全予約制)

徳川家康が奉行に任命し、石見銀山の支配に当たらせた大久保長安 (おおくぼながやす) が槍を持って馬に乗ったまま入ったという伝承から、大久保という間歩名になったと伝えられています。

その他の見どころ「羅漢寺 五百羅漢」

羅漢寺 五百羅漢 (らかんじ ごひゃくらかん)は1776年 (明和3年)に建てられた、真言宗のお寺です。
五百羅漢とは、お釈迦様に従っていた五百人の弟子のことで、内部にある羅漢像は20年の歳月をかけて彫像されました。
岩盤斜面には3つの石窟が並び、左右に五百羅漢像がそれぞれ250体ずつ、中央に石造釈迦三尊仏が安置されています。

石見銀山の石工技術を表した、石造物文化を代表する貴重な信仰遺跡で、世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の構成資産の一つです。

その他の見どころ「いも代官ミュージアム (石見銀山資料館)」

もとは石見銀山領の行政を司った代官所跡で、現在は石見銀山資料館として一般に公開されています。
資料館となっている建物は1902年 (明治35年) に建てられた旧邇摩郡役所 (きゅうにまぐんやくしょ) がそのまま利用されており、収められてる絵巻物や古文書、銀鉱石や精錬関係の道具などの展示物から、栄えていた石見銀山の当時を知ることができます。

その他の見どころ「大森銀山重要伝統的建造物群保存地区」

銀山に隣接し、銀山と共に発展した町には武家、商家の旧宅や社寺などがあり、当時の面影をよく残しています。
1987年 (昭和62年)に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の構成資産の一つです。

今は見かける事も少なくなった、円柱状の郵便ポストがおかれていたり、また景観を損なわない為の配慮で、自動販売機にも工夫が施されています。
レトロな町並みには古民家カフェや食事処もあるので、風情を感じながらゆっくり過ごしてみてはいかがでしょう。

石見銀山遺跡インフォメーション

新型コロナウィルスについて
  • 掲載している観光地は、新型コロナウイルス感染対策により、運営内容が変わっている可能性があります。最新情報は公式サイトで確認してください。

オススメ度

名称
石見銀山遺跡
住所 [Google Map]
〒694-0305 島根県大田市大森町

石見銀山遺跡へのアクセス

ここでは石見銀山資料館へのアクセス方法を紹介します

所要時間は目安です最適な乗り換え順路は検索時間により異なります。

石見銀山遺跡へのアクセスの周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次