【秋田県の世界遺産】縄文時代に造られた日本最大のストーンサークルが見られる「大湯環状列石」

オススメ度

秋田県鹿角市には約4000年前の縄文時代後期に造られたとされる、遺跡群の「大湯環状列石」が今なお残り続けています。
大湯環状列石は “万座環状列石”と、目の前の通りを挟んで反対側に位置する “野中堂環状列石”の2つのストーンサークルの総称であり、その内の万座環状列石は日本最大のストーンサークルとして知られています。

この地からは縄文土器や土偶、石器など多数の遺物が出土しており、隣接する “大湯ストーンサークル館”で発見された遺物の展示が行われています。

大湯環状列石は2021年に、秋田県をはじめ北海道、青森県、岩手県に点在している全17の遺跡とともに、世界遺産に登録されました。同県にはそれら遺跡群の1つとして “伊勢堂岱遺跡 (北秋田市)”もあるので、合わせて巡ってみてもいいでしょう。

目次

日本最大のストーンサークル“万座環状列石”と“野中堂環状列石”

ストーンサークルのサイズは野中堂環状列石の最大径は44m、そして道路を挟んで反対側の万座環状列石は最大径52mです。
2つのストーンサークルは衛星写真からでも確認でき、綺麗な円形となっていることがわかります。

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次