和宗総本山 四天王寺:庶民の寺としての姿勢を貫く聖徳太子建立七大寺の一つ

オススメ度

四天王寺(してんのうじ)は、和宗の総本山の寺院で、法隆寺などと同じく聖徳太子建立七大寺の一つとされています。
総面積は3万3千坪と甲子園球場の三倍の広さを有する境内には、聖徳太子の御霊を崇る聖霊院(太子殿)や、多数の国宝・重要文化財を所蔵する宝物館があります。
また、敷地内の日本庭園「極楽浄土の庭」は、自然のわき水を利用した2つの小川が流れ、都会にありながら喧騒とは無縁の世界が広がっています。

目次

四天王寺の歴史

四天王寺は今から1400年以上も前の、西暦593年 (推古天皇元年)に建立されました。
かの有名な聖徳太子が建立したとされる七大寺の一つで、日本書紀にもその伝承が記されています。

1934年の室戸台風では相当な被害を被り1940年に再建するも、1945年の大阪大空襲により境内のほぼ全域が灰燼に帰しました。1963年に伽藍が再建されると、その他の建物も次々に再興され現在ではほぼ元通りに復元しています。
また、戦後間もなく天台宗から独立して和宗を創立し、仏法興隆と太子精神の高揚を本願とする寺として再生しました。

四天王寺と聖徳太子

『日本書紀』が伝える聖徳太子と四天王寺
崇仏派の蘇我馬子と廃仏派の物部守屋の間で仏教の受容をめぐって合戦が起こると、蘇我氏側についた聖徳太子は自ら四天王像を彫り、「この戦いに勝利したら四天王を安置する寺院を建立し、この世の全ての人々を救済する」と誓願されました。
そして、その戦いに勝利し誓いを果すために四天王寺を建立されました。
毎年21日の大師会と22日の太子会は四天王寺の縁日で、露店も多く並び庶民の太子信仰の寺としての姿勢を貫いています。

四天王寺インフォメーション

新型コロナウィルスについて
  • 掲載している観光地は、新型コロナウイルス感染対策により、運営内容が変わっている可能性があります。最新情報は公式サイトで確認してください。

オススメ度

名称
和宗総本山 四天王寺
住所 [Google Map]
〒543-0051 大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
営業時間
お堂・中心伽藍・庭園
8:30 – 16:30 (4月 – 9月)
8:30 – 16:00 (10月 – 3月)
六時堂
8:30 – 18:00
お堂の外からのお参り
四天王寺の門は24時間開いています。
定休日
無し
入場料金
中心伽藍
¥300 (大人)
¥200 (大学生 / 高校生)
※小学生以下無料
庭園
¥300 (大人)
¥200 (大学生 / 高校生)
¥100 (小学生 / 中学生)
※幼稚園以下は無料
宝物館
¥500 (大人)
¥300 (大学生 / 高校生)
※小学生以下無料
現金以外の支払い方法
不明
駐車場
四天王寺 南大門に隣接したタイムズ駐車場有り
34台 (30分辺り¥200~)
公式サイト
https://www.shitennoji.or.jp/
施設サービス情報
このアイコンはなに?

四天王寺へのアクセス

所要時間は目安です最適な乗り換え順路は検索時間により異なります。

四天王寺の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次