河口浅間神社:富士山信仰のメッカとして世界遺産にも登録された由緒ある神社

オススメ度

河口浅間神社(かわぐちあさまじんじゃ)は、富士山の北麓、河口湖越しに富士山を望む位置にあります。
富士山をご神体としており、「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の一部として、世界遺産にも登録されました。
遥拝所 の『天空の鳥居』からは、堂々たる富士山の姿を望むことが出来ます。

目次

河口浅間神社の歴史

貞観6年(864年)に富士山の大噴火が始まり大被害が発生しました。
その際に、富士山を神格化した浅間大神を祀ったのが河口浅間神社のはじまりです。

河口浅間神社の七本杉

河口浅間神社には「七本杉」と呼ばれる杉の神木があります。
七本杉には、それぞれ「御爾(みしるし)」「産射(うぶや)」「齢鶴(れいかく)」「神綿(しんめん)」「イザナギ・イザナミ ※二柱の杉」「天壌(てんじょう)」の名が付けられており、いずれも樹齢1,200年を超えており、山梨県指定天然記念物に指定されています。
また参道の杉並木のほか、栃の木、樅の木は、それぞれ富士河口湖町指定天然記念物に指定されています。

河口浅間神社インフォメーション

新型コロナウィルスについて
  • 掲載している観光地は、新型コロナウイルス感染対策により、運営内容が変わっている可能性があります。最新情報は公式サイトで確認してください。

オススメ度

名称
河口浅間神社
住所 [Google Map]
〒401-0304 山梨県南都留郡富士河口湖町河口1
営業時間
参拝時間 9:00 – 16:00
定休日
無し
入場料金
無料
駐車場
40台 (無料)
公式サイト
https://asamajinja.or.jp/index.html

河口浅間神社へのアクセス

所要時間は目安です最適な乗り換え順路は検索時間により異なります。

河口浅間神社の周辺スポット

記事が見つかりませんでした。

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次