お散歩観光に最適♪名古屋で感じる江戸情緒「四間道 町並み保存地区」

オススメ度

“四間道 (しけみち) の町並み”は、名古屋城と名古屋駅の中間、堀川のほとりにある江戸時代の景観を色濃く残すエリア。市が定める“町並み保存地区”にも指定されています。

ここは名古屋城の築城と共に整備された城下町で、四間道が造られた作られた当初は、今ほどの道幅はありませんでした。
しかし1700年に起きた大火の後、防火と商業活動目的で四間 (当時の約7mを表す単位)に道路の拡張整備が行われ、そのことが町名の由来にもなったと言われています。

通りでよく見られる多数の土蔵は、大火事による延焼を効果的に防ぐために尾張藩 (愛知県西部一帯)が奨励したもので、四間道を象徴する建造物となっています。

目次

四間道で見られる屋根神様

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次