豊かな自然を細密に再現した日本庭園「徳川園」

オススメ度

徳川園は愛知県名古屋市にある池泉廻遊式の日本庭園です。

園のルーツは1695年のこと。尾張藩2代藩主だった徳川光友(とくがわ みつとも)が、江戸での務めを終えて、自身のご隠所として別邸(大曽根御屋敷跡)を造営し、ここへ移り住んだことが始まりです。
現在見られる徳川園は2005年に復元されたものですが、当時の趣きや意匠が感じられる庭園となっており、日本の豊かな自然と歴史を楽しめます。

目次

日本の自然を堪能できる贅沢な池泉廻遊式庭園

庭園に配された山、滝、渓流、湖などは、どれも東海エリアでは馴染みの深い木曽山脈、伊勢湾、濃尾平野、木曽川、長良川、揖斐川などを模してものとなっています。中でも“龍門の瀧”は、尾張藩の江戸下屋敷戸山荘跡から発掘されたものをそのまま使用しています。かつて江戸の町にあった戸山荘にも、回遊式庭園が築庭されており、当時は小石川後楽園と並んで名園と称されていたそうです。

徳川園ではこの龍門の瀧の他にも“大曽根の瀧”や“龍仙湖”など、景観優れるスポットが多くあります。植えられている草花も多種多様で一年を通じて、来園者を持て成します。

徳川園インフォメーション

オススメ度

名称
徳川園
住所 [Google Map]
〒461-0023 愛知県東区徳川町1001
営業時間
9:30 – 17:30
最終入園は17:00までです。
催事等により営業時間が変更となる場合があります。
台風等により臨時閉園する場合があります。
定休日
月曜日 (祝日の場合は翌平日)
12月29日 – 1月1日
入場料金
¥300 (大人)
中学生以下は無料です。
名古屋市内在住の65歳以上は¥100です。
徳川園・蓬左文庫・徳川美術館共通観覧
¥1550 (大人)
¥850 (高校生 / 大学生)
¥1350 (65歳以上)
名古屋市内在住の65歳以上は¥1250です。
駐車場
あり (25分ごとに¥100が加算)
公式サイト
https://www.tokugawaen.aichi.jp/index.html
施設サービス情報
このアイコンはなに?
その他の情報
毎週金曜日・土曜日・日曜日・祝日に庭園ガイドを行っています。(要予約)

徳川園へのアクセス

所要時間は目安です最適な乗り換え順路は検索時間により異なります。

徳川園の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次