スイーツ好き必見!日本各地の銘菓と老舗をご紹介!

日本各地には、地域ごとに独自の発展を遂げた歴史の長い和菓子が多数存在しています。
中にはお土産として全国的に有名になり、多くの人に愛されている銘菓も。
この記事では、日本各地の銘菓とその名店をご紹介します!

目次

吉備団子(きびだんご)/岡山県

吉備団子

かつて吉備国と呼ばれた岡山県の銘菓で、桃太郎に登場するお菓子としても有名な吉備団子(きびだんご)。
もともとは黍(きび)の粉を蒸して作られ、あんをつけたり、汁をかけて食べ、かき餅のように四角く日持ちが悪いものでした。
現在の求肥にきな粉や黍の粉を混ぜたスタイルの吉備団子は明治に入ってから生まれたようです。

吉備団子の名店/廣榮堂

安政3年(1856年)に瀬戸物屋からお菓子屋に商売替えしたのが、廣榮堂の始まりです。
明治18年に明治天皇が岡山に行幸された際、初代・浅次郎は自らつくった「きびだんご」を献上。
天皇が「日本一のきびだんご」とおっしゃった歴史のある名店です。

廣榮堂:ホームページ

もみじ饅頭(もみじまんじゅう)/広島県

もみじ饅頭

小麦粉・卵・砂糖・蜂蜜を原料とするパンケーキの様な生地でこし餡を包み、モミジの葉の形の型に入れて焼き上げています。
広島県のお土産として最もポピュラーな和菓子で、その美味しさから和菓子の人気ランキングでも上位にランクインしてくるほどです。

もみじ饅頭の名店/高津堂

1906年(明治39年)宮島の紅葉谷で創業した「高津堂」は、もみじ饅頭の元祖として有名なお店。
創業よりもみじ饅頭を手焼きで作り続け、100年以上の歴史をつなぐ名店です。
そんな元祖「もみぢ饅頭」の誕生に、伊藤博文が関係していたというのも驚き。

元祖もみぢ饅頭 高津堂:ホームページ

八つ橋(やつはし)/京都府

八つ橋
生八つ橋

八つ橋は米粉に砂糖とにっき(シナモン)を練りこみ、薄く伸ばして焼き上げた和菓子です。
にっきの香りとパリッとした食感が特徴的な煎餅です。
今では『生八つ橋(なまやつはし)』も人気で、餡子を挟んだもの、抹茶味、桜風味のなど様々なものがあります。

八つ橋の名店/聖護院八ツ橋

箏の名手であり作曲家でもあった八橋検校という人物が、没後に常光院に葬られました。
検校の墓参りに訪れる人は多く、没後四年の元禄二年(1689年)に、琴に似せた「八ッ橋」を販売し始めたのが 聖護院八ツ橋のはじまりです。
今なお同じ場所で300年の歴史を紡ぐ、八つ橋の元祖です。

聖護院八ツ橋:ホームページ

赤福餅(あかふくもち)/三重県

赤福

伊勢の名物として全国的にも名高い赤福は、お餅をこしあんで包んだシンプルな和菓子です。
赤福餅のようなあんころ餅は全国にありますが、「赤福餅」は「株式会社 赤福」の商標登録商品です。

赤福の名店:伊勢名物 赤福

宝永4年(1707年)に創業した赤福は、伊勢神宮の参拝客に300年以上愛され続けてきました。
北海道産の小豆や、うるち米が混入しないよう、もち米だけしか作らない「もち米専作団地」で栽培された米を使用するなど、素材へのこだわりは老舗ならでは。

伊勢名物 赤福:ホームページ

かるかん/鹿児島県

かるかん

お芋の一種で粘りのある「山芋」をすりおろした物と米の粉、砂糖、水を混ぜ合わせて蒸した、白いスポンジ状の和菓子です。
山芋が含まれているため、弾力があり、ケーキのスポンジに比べると少し重い食感です。
最近では、中に餡子を包んだ『かるかん饅頭』(かるかんまんじゅう)のほうが一般的です。

かるかんの名店/明石家

「軽羹(かるかん)」 は明石屋の初代・八島六兵衛により創製されました。
弘化4年(1847年)から記録に残る明石屋の「軽羹」は、選び抜いた「自然薯」「米粉」「砂糖」だけの自然な原料だけを用いて作り上げられ、今日までその伝統の美味しさを伝えています。

明石家:ホームページ

カステラ/長崎県

カステラ

ポルトガルの伝統菓子パン・デ・ロー(PÃO DE LÓ)をベースに、独自に発展を遂げた和菓子です。
小麦粉、卵、はちみつ等やお砂糖を混ぜてオーブンで焼いたもので、卵の風味が豊かなしっとりとしたスポンジが特徴です。

カステラの名店/福砂屋

寛永元年(1624年)創業の福砂屋は、卵を割るのから焼き上げまで今も一貫して手作りでカステラを製造する老舗です。
原材料には「卵」「小麦粉」「水あめ」「ザラメ」「上白糖」のみを用い、添加物は一切使用しません。
そのため消費期限は短いですが、そのしっとりとした食感のカステラはファンの多い逸品です。

福砂屋:ホームページ

人形焼き(にんぎょうやき)/東京

人形焼き

東京の人形町が発祥の和菓子。
パンケーキの様な生地の中に餡子などを入れて焼いた一口サイズのお菓子です。
福をもたらすとして日本で信仰されている「七福神」(しちふくじん)の形をしたものや、近年ではハローキティの形をしたものなど様々な種類があります。
中に餡子が入っていない物は「カステラ焼き」と言う名前で売られていたり、餡子の代わりにカスタードクリームが入っているものもあります。

人形焼きの名店/板倉屋

創業より100余年、日本橋人形町で伝統の人形焼きを作り続ける板倉屋。
厳選した材料を使用し添加物は一切使用せず、職人が手焼きで焼き上げます。
板倉屋の人形焼きが七福神ではなく『六福神』なのは、食べたお客様の笑顔で七福神が揃うという粋な考えのもと。

板倉屋:ホームページ

笹団子(ささだんご)/新潟県

笹団子

餡の入りのよもぎ団子を笹の葉でくるみ、スゲまたはイグサの紐で縛り、蒸したり茹でたりして作る和菓子。
ササには殺菌効果があり、戦国時代に携行保存食として生まれたとされています。
新潟の郷土食であり、餡だけでなくひじきやあらめの煮物を入れたものも食されてきました。

笹団子の名店/江口だんご

創業明治35年(1902年)の 江口だんごは、新潟県長岡の地元民に愛される名店です。
明治からの伝統の味を守るため素材はもちろん、「石臼・杵つき・後蒸し」など、昔ながらの製法に徹底的にこだわっています。
幻となっていたもち米「里宮大正餅(りきゅうたいしょうもち)」を使用した笹餅は絶品です。

江口だんご:ホームページ

日本全国の銘菓を食べてみたい!

今回ご紹介したお菓子とお店は有名なものが多かったので、食べたことのあるかたも多いかもしれませんね。
とはいえ、そのお菓子やお店の歴史やバックグラウンドを知ると、食べるときの感慨も深くなるのではないでしょうか。
他にも各地の銘菓があるので、またの特集をお楽しみに!

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次