本州で一番早く咲く桜「河津桜」来年のお花見は8000本の桜が圧巻の河津桜まつりで決まり!

オススメ度

河津桜は2月上旬から開花をはじめる早咲きの桜で、1955年に静岡県の賀茂郡河津町を流れる河津川沿いで原木が発見されました。
1968年頃から増殖されるようになり、近年では「本州で一番早く咲く桜」として広く知られ、河津川沿いで開催される「河津桜祭り」には毎年多くの観光客が訪れます。

春の訪れをいち早く感じる事ができる河津桜は開花の期間が約1か月と長く、また、花の色が濃いため木の本数が少なめでも見ごたえがある事から人気があります。近年では静岡以外の多くの場所で河津桜を楽しむ事が出来ますが、発祥の地である河津は圧倒的な規模を誇ります。都心からのアクセスも良好ですので、是非、足を運んでみてください。

目次

河津桜まつり

河津桜発祥の場所、静岡県賀茂郡河津町では毎年2月上旬から1か月に渡り「河津桜まつり」が開催されます。
2022年で第32回の桜祭りの開催となり、100万人以上の観光客が訪れる、伊豆有数の一大イベントです。
河津川沿いには約850本、全体では約8,000本もの桜が咲きほこり、見ごろともなれば、川沿いの道は多くの人であふれかえります。期間中はライトアップが行われ、夜桜見物も楽しむ事ができます。

桜まつりの期間中は河川敷に沢山の屋台が並びます。
ピンクの桜餅がお汁粉に入った「桜しるこ」や桜色の麺の「桜うどん」、ピンク色が可愛い「たいやき」など、お花見気分を盛り上げてくれるグルメから、「富士宮やきそば」「静岡おでん」「三島コロッケ」など静岡のB級グルメも一挙勢ぞろい。
その他にも、お茶の量り売りやみかんの箱売り、ミカンやデコポンの生絞りジュース、干物など、静岡を代表する物産が所狭しと軒を連ねています。

名称
河津桜まつり
住所 [Google Map]
〒413-0512 静岡県賀茂郡河津町
期間
桜の開花によって異なります。公式サイトでチェックしてください。
Official Site
http://kawazuzakura.net/index.html

河津桜の特徴

見た目の特徴はピンクの色が濃いことでしょう。特につぼみや咲き始めは濃く、だんだんと淡い色へと変化し、散っていきます。また、早咲きである事、開花期間が長い事も河津桜の特徴です。2月になると開花し、そこから1か月ほどは咲き続け、私たちの目を楽しませてくれます。

河津桜は寒緋桜 (かんひざくら) と早咲き大島桜の自然交配によって出来た品種である事がわかっています。
寒緋桜は台湾、中国南部を原産地とする桜で、日本でも鹿児島や沖縄に分布しています。花の色はとても濃く、鐘状に下向きに花の花をつけます。
早咲き大島桜は三島市の国立遺伝学研究所でソメイヨシノとオオシマザクラの交配により作り出された品種です。
大島をはじめとする伊豆諸島に多く咲く品種で、花の色は白く、大きめの一重咲きです。開花が早いのが特徴で、3月上旬 – 4月上旬に見ごろを迎えます。

寒緋桜
早咲き大島桜

河津桜インフォメーション

オススメ度

名称
河津桜
住所 [Google Map]
〒413-0512 静岡県賀茂郡河津町

河津町へのアクセス

*河津桜まつり開催期間中は臨時駐車場が設置されますが、付近は交通渋滞が見込まれるため公共交通機関でのアクセスを強くお勧めします。

所要時間は目安です最適な乗り換え順路は検索時間により異なります。

河津町の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次