東海エリア屈指の名城「岡崎城」には家康ゆかりの施設がたくさん♪

オススメ度

愛知県岡崎市にある岡崎城は、江戸幕府初代征夷大将軍の徳川家康が誕生したお城です。

岡崎城は1429年 – 41年までの永享年間に、西郷稠頼(つぎより)が建てた通称“平岩城”をルーツとするお城です。現在のような見た目に整備が行われたのは1530年頃のことで、西郷家に代わって入城した松平清康が行いました。

かつては東海地方において3本の指に入るほどの規模を誇りましたが、1873年の廃城令によって廃城となり、現在見られる天守は1959年に復興されたものです。
3層5階建ての天守内部は歴史資料館となっており、岡崎城やその城下町に関する史料が見られるほか、展望室の5階からは城の発展と共に栄えた岡崎市内を広く望めます。

目次

家康館で、家康公の出生から天下統一までの道のりを知る

岡崎城とその周りは現在公園として整備されており、桜の名所として知られているほか、広い園内には徳川家康にまつわる歴史資料館 “三河武士のやかた家康館”が建てられています。

徳川家康は1543年12月26日、三河国の土豪である松平氏第8代当主 松平広忠とその妻 於大の間に生まれました。幼少時代は竹千代の愛称で呼ばれ、6歳の頃には織田信秀の人質に、そして8歳から18歳までは今川義元の人質として、不遇な子供時代を過ごすこととなるのですが、そんな家康公が成し遂げた天下統一までの道のりを、ここ“三河武士のやかた家康館”では紐解くことができます。

名称
三河武士のやかた家康館
住所 [Google Map]
〒444-0052 愛知県岡崎市康生町561-1
営業時間
9:00 – 17:00
最終入館は営業時間の30分前までです。
定休日
12月29日 – 31日
入場料金
¥360 (中学生以上)
¥200 (5歳 – 小学生)
岡崎城・家康館共通券
¥510 (中学生以上)
¥270 (5歳 – 小学生)
公式サイト
https://okazaki-kanko.jp/okazaki-park/feature/ieyasukan/top
施設サービス情報
このアイコンはなに?

徳川家康が能を舞う、からくり時計

三河武士のやかた家康館のエントランス前には、毎時0分、30分になると能装束を纏った家康公人形が能を舞う、からくり時計が置かれています。岡崎城に訪れた時は時間を調整して是非見ていってくださいね。

岡崎城インフォメーション

オススメ度

名称
岡崎城
住所 [Google Map]
〒444-0052 愛知県岡崎市康生町561-1
営業時間
9:00 – 17:00
最終入館は営業時間の30分前までです。
定休日
12月29日 – 31日
入場料金
¥200 (中学生以上)
¥100 (5歳 – 小学生)
岡崎城・家康館共通券
¥510 (中学生以上)
¥270 (5歳 – 小学生)
駐車場
30分あたり¥100加算 (7:00 – 22:00)
30分あたり¥50加算 (22:00 – 7:00)
公式サイト
https://okazaki-kanko.jp/okazaki-park/feature/ieyasukan/top
施設サービス情報
このアイコンはなに?

岡崎城へのアクセス

所要時間は目安です最適な乗り換え順路は検索時間により異なります。

岡崎城の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次