直島:島全体がアート!自然と芸術の融合した美しい島へ!

オススメ度

香川県の直島諸島に属する直島(なおしま)は、現代アートの巨匠草間彌生氏の水玉模様のかぼちゃのオブジェや、日本を代表する建築家の安藤忠雄氏の作品が数多く配置されたアートの島として有名です。
島には美術館のほか、様々な屋外アート作品が点在し、散策するだけでも楽しめると外国人観光客にも人気の観光地になっています。

目次

直島といえばやはりアート鑑賞

直島観光の目玉と言えば、やはりアート鑑賞になるでしょう。
すべてのアート施設や屋外作品をゆっくり鑑賞するなら1泊するのがオススメです。日帰りの場合には約8時間ほどあればすべての作品を見ること出来るでしょう。

直島アートの巡り方

直島のアート巡りは、宮之浦エリア『木村エリア』『美術館エリア』大きく3つのエリアに別れます。
各エリア間の移動には町営バス+シャトルバスを利用するのがオススメです。タクシーは島内に2台しかないため、利用したい場合は事前に予約しておいたほうが良いでしょう。

宮之浦エリア

実際に入浴可能な銭湯型の美術施設『直島銭湯 「I♥湯」』や『草間彌生「赤かぼちゃ」』など、屋内・屋外両方の作品を楽しめるのが宮之浦エリアです。

直島銭湯 「I♥湯」
宮浦ギャラリー六区
【屋外作品】
草間彌生「赤かぼちゃ」
藤本壮介「直島パヴィリオン」
ジョセ・デ・ギマランイス「BUNRAKU PUPPET」

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次