日本古来からある熊野信仰の聖地へと続く「熊野古道」

オススメ度

熊野古道とは、熊野三山に数えられる“熊野本宮大社”、“熊野速玉大社”、“熊野那智大社”へ至る参詣道の総称です。
現在日本最大の霊場と言えば、三重県の伊勢神宮が挙がりますが、中世の日本で一番栄えたのはここ熊野三山でした。

熊野周辺は、日本に伝わる最古の正史“日本書紀”にも登場する自然崇拝の地であり、かつては熊野三山を目指し皇族から庶民に至るまで、あらゆる身分の人々が信仰していました。

そうした歴史的背景をはじめ、江戸時代に整備された石畳などの遺構が多く残っていることから、2004年には“紀伊山地の霊場と参詣道”としてユネスコの世界遺産 (文化遺産)にも登録されています。

目次

熊野古道は熊野三山を目指す6本の道を指しています

熊野古道は決して1本の道を指しているわけではなく、各地から熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の3社へ向かう参詣道のことであり、一般的に6本の道のことを指しています。

ルート名経路距離
小辺路金剛峯寺 – 熊野三山約70km
中辺路田辺 – 熊野三山約84km
大辺路田辺 – 串本 – 熊野三山約120km
伊勢路伊勢神宮 – 熊野三山約170km
大峯奥駈道金峯山寺 – 熊野三山約80km
紀伊路雄ノ山峠 – 田辺約140km
熊野古道には派生ルートも多く、掲載している距離は目安となります。

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次