出雲大社:一度は足を運びたい数千年の歴史を紡ぐ縁結びの聖地!

オススメ度

出雲大社は一般的には「いずもたいしゃ」として呼ばれていますが、正式には「いずもおおやしろ」と呼びます。
縁結びの神・福の神として名高く、日本最古の歴史書といわれる『古事記』にも由縁が書かれているなど、日本建国の歴史とも関わりの深い数千年の歴史を持つ神社です。
出雲大社に行くためだけでも、島根を訪れる価値があると言えるでしょう。

目次

出雲大社の歴史

出雲神社の主祭神はだいこく様としてよく知られる「大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)」です。
『古事記』ではその創建について、大国主大神が天照大神(あまてらすおおみかみ)に国を譲られ、そのときに造営となる壮大な宮殿が出雲大社の始まりとされています。

現在の本殿は1744年 (延享元年)造営され、高さは約24m程ですが、言い伝えでは古代にはその高さは96mあり、また平安時代の頃には約48mあったと伝えられています。
平安時代中期の「口遊(くちずさみ)」という教科書には、出雲大社の本殿が当時の建物の中で1番高かったことが書かれています。
また、2000年にはその話を裏付けるように、鎌倉初期の造営と推定される三本一組の巨大な柱根が発掘されました。

出雲大社の見どころ

国宝にも指定されている御本殿は、大社造りと呼ばれる日本最古の神社建築様式で建てられています。
その高さは約24mあり、神社建築の中では現在も日本一を誇ります。また巨大な大注連縄など、そのスケールの大きさからは出雲大社の悠久の歴史を感じることが出来るでしょう。
なお、参拝する際は、一般的な神社が「二礼二拍手一礼」なのと異なり、出雲大社では「二礼四拍手一礼」が良いとされているので、ぜひ実践してみてください。

出雲大社インフォメーション

新型コロナウィルスについて
  • 掲載している観光地は、新型コロナウイルス感染対策により、運営内容が変わっている可能性があります。最新情報は公式サイトで確認してください。
  • バックヤードツアーなどのガイドツアーは中止となっています。

オススメ度

名称
出雲大社
住所 [Google Map]
〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東195
営業時間
6:30 – 20:00
定休日
無し
駐車場
385台
公式サイト
https://izumooyashiro.or.jp/
施設サービス情報
このアイコンはなに?

出雲大社へのアクセス

所要時間は目安です最適な乗り換え順路は検索時間により異なります。

出雲大社の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次