日本人なら誰でも知っている「おみくじ」に多言語Ver.があるって知ってた?

神社やお寺などに参拝へ行くと、よく社務所 (寺務所)に置かれている “おみくじ”。
自分の運勢や物事の吉凶を神様に聞いてみたくなるもので、見かけるとついつい引いてしまいますよね。

我々日本人にとって初詣の時に、また参拝した時におみくじを買うという行為は一種のルーティーンと化していますが、このおみくじに多言語版があるって知っていましたか?

この記事ではそんな多言語版のおみくじに、一体どんなことが書かれているのかをご紹介していきます。 (大凶とか出ないで欲しいなぁ……)

目次

日光東照宮は訪日観光客へのおもてなし体制もばっちり!

日光東照宮は、江戸幕府の初代将軍の徳川家康公を神格化した、“東照大権現”をお祀りしていて、全国の東照宮系列の総本山にあたる由緒のある神社です。

同じ市内にある日光山輪王寺と、日光二荒山神社と合わせてユネスコの世界遺産にも登録されているため、各国の訪日観光客も多く訪れる場所として有名です。

境内各所の案内看板には英語での記載もされていて、多言語に対応した音声ガイドも用意。和文化が色濃く残る場所ながら、グローバル化の波を感じさせられます。

境内には訪日観光客向けのおみくじが置いてある

せっかくの日光東照宮参拝、やはりおみくじを引いてみたくなるもの。境内を散策していると陽明門をくぐって右手側、神楽殿の軒先におみくじの箱を見つけました。
ここにはおみくじの箱が2つ設置されていて、片方には“English”と但書がされていました。

普段なら迷わず日本語で書かれたおみくじだけを引きますが、AND JAPAN編集部的には英語版のおみくじの中身も気になります。
大吉は英語で何と書かれているのでしょうか、most wonderfulとかでしょうか……?

多言語版のおみくじには何が書いてある?

写真の右は日本語で書かれたおみくじで、左側は多言語版のおみくじになります。
多言語版のおみくじの方が少し大きいサイズとなっており、青色のインクが使われています。

裏返すと日本語でおみくじと書かれているほか、英語、韓国語、簡体字、繁体字で“おみくじ”を指し示す言葉が書かれています。(多分)
おみくじを英語で訳す場合は “Fortune Slip (運勢の紙切れ)”とするのが一般的ですが、ここでは “Your Fortune (あなたの運勢)”とややストレートな表現が使われています。

開いてみると各言語で運勢が書かれていました。
しっかり日本語も載っているので、間違えてこのおみくじを買ってしまった日本人も安心ですね。

写真では分かりづらいと思うので、日本語と英語での記述を少しだけご紹介します。

日本語表記英語表記
第49番 小吉Fairly good luck
東照公御遺訓:奢り強き時は其家を破るTosho’s message; You are extravagance will destroy your family.
解謹:一家の破滅を招く根本は奢りにある。心を入れ替え諸事控え目にして自己の職分に忠実であれ。他人との交際に注意し操業を正しくせよ。希望を将来に繋ぎ、当分は辛抱して時の至るのを混て。Meaning of the message; The main cause behind serious problems in a family is extravagance. Lose that overbearing attitude and replace it with humilty. Face up to your responsibilities. Be careful in your relationships with othersand try to act properly. Hold on to your hopes for the Future, and bide your time for now.

運勢の順位的には普通ぐらいですが、他にも願望は“むずかしい”、待ち人は“来ない”、失物は“出るのが遅い”、住居は “移る時でない”、病気は “重い”と散々な言われようで、凶とか大凶並みのことが記されているように感じます……。

これより悪い運勢の大凶には、一体どんなことが記されているのでしょう。

しかし、日本語での小吉は “Fairly good luck”と表記するようで、訳すと “かなり良い運気”とのこと。
自分の運勢が良いのか悪いのかわからなくなってきます。


このおみくじはあくまで興味として、記事のために引いたもの!本命としてきちんと日本人向けのおみくじも買ってあるんです!

と、期待を胸に膨らませ、もう一方のおみくじを開いてみたら……、

どっちも小吉。
どうやら今年1年は安静にしておいた方が良さそうです。

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次