今にも動き出しそう!北海道土産の定番「木彫りの熊」の歴史に迫る!

北海道のお土産として知られている“木彫りの熊”。
四つ這いの熊が大きな鮭を咥えている姿が彫像された木工製品で、今や北海道の全域で、お土産の定番として売られています。

この木彫りの熊が有名になったのは、1950 – 60年にかけて起こった北海道観光ブームからと言われていますが、ではその歴史・ルーツを皆さんはご存知でしょうか?

この記事では知っているようで実はあまり知らない、木彫りの熊の由来について掘り下げていきます。

目次

木彫りの熊のルーツは2通りある

北海道土産の定番として定着している木彫りの熊の起源は、1つは尾張徳川家の19第当主、徳川義親 (とくがわよしちか)が1921年から1922年にかけて欧州を巡った際、旅先のスイス・ベルンで見つけた木彫り熊のオブジェとする説と、もう1つは旭川に住んでいたアイヌ民族の松井梅太郎を木彫りの開祖とする説の2つあり、どちらの説が由緒正しいかはわかっていません。

徳川義親が起源とされる説は

画像はイメージです

1つ目の徳川義親を起源とする説から説明しましょう。
ヨーロッパ地方では昔から、農民たちが作物の収穫を終えた後の農閑期に、ペザントアートと呼ばれる農民美術を造り観光客に売って収入源を得る文化がありました。

義親が旅行で訪れたスイス・ベルンの街でもペザントアートが盛んで、そこで手に入れた木彫りの熊を、かつて尾張徳川家に仕えていた旧家臣たちが入植する北海道二海郡八雲町に持っていきます。そして八雲町の農村美術の発展を促進するとともに木工製品を観光資源にするため、そこで暮らす農民たちへ同じような木彫り製品を造ることを奨励します。

しかし当時の日本にはまだ民芸品という文化が定着しておらず、農民たちも木彫り製品を造る職人ではありません。
そのため義親は、造られた彫像の出来不出来に関わらず、全て買い取るかたちでこの施策を推し進めたそうです。

義親がヨーロッパ旅行から戻ったその翌年、1924年に木工品などを集めた初の品評会が開催され、ここに地元酪農家が造った木彫りの熊が登場します。

1928年には尾張徳川家の旧家臣たちによって運営される、徳川農場に農民美術研究会が発足されます。そして農民以外にも木彫りの熊を作る職人が現れるようになり、北海道の民芸品 “木彫りの熊”として文化が根付き、発展していくことなりました。

アイヌ民族の松井梅太郎を起源とする説

画像はイメージです

旭川に伝わる木彫りの熊のルーツは1926年のこと、当時旭川に居を構えていたアイヌ民族の松井梅太郎が始まりとされています。梅太郎は熊狩りのため森に入った時、熊を仕留め残って大怪我をしてしまいます。そしてその時取り逃がした熊のことが忘れられず、木彫りの熊の彫像を始めました。
そしてできた木彫りの熊の出来栄えが見事で、評判を呼び梅太郎を真似して彫像を始める人々が出てきたのだとか。

アイヌ民族にとって、北海道に生息するヒグマは山の神を意味する “キムンカムイ”と呼ばれており、信仰の対象として崇められている格式高い生き物です。そしてもともとアイヌ文化の中には、“精巧な形の物は魂を持って悪さをする”との考えがあるため、木彫りの熊のようなリアルな彫像を造ることはありませんでした。
そうした民族性から見ると梅太郎の存在はやや異端の様に感じますが、旭川に住まうアイヌの若者たちは昔ながらの伝統を重んじる気風はなかったようです。
また旭川には当時、大日本帝国陸軍 第七師団の司令部がありました。そして本州から来た軍人にとって木彫りの熊は、土産物としてとくに人気を集めていたようです。

なんで鮭を咥えているの?木彫りの熊の意味

画像はイメージです

北海道の木彫りの熊と言えば、鮭を咥えている熊の彫像をイメージしますが、八雲町と旭川でそれぞれ造られ始めた木彫りの熊は、どちらも最初は鮭を咥えているデザインではありませんでした。

このデザインを始めに考案したのは誰かと気になるところですが、実は考案者はわかっていません。
1931年 – 1932年頃に八雲町で生産された木彫りの熊の中に、鮭を咥えた木彫りの熊があったそうですが、ルーツを裏付けるに至っていません。

木彫りの熊はいくらで買えるの?気になる値段

この記事をここまで読み進めてくると、少し木彫りの熊に興味が湧いてきませんか?

そこで気になるのが木彫りの熊の値段ですが、作成者や大きさによって値段が大きく変わる工芸品となります。
旭川にお店を出しているトミヤ郷土民芸さんは、ネット販売も行っているので、興味がある人はまずそちらをチェックしてみてはいかがでしょう。

名称
トミヤ郷土民芸
住所 [Google Map]
〒070-0043 旭川市常盤通1丁目
営業時間
10:00 – 18:30 (夏季)
10:00 – 18:00 (冬季)
定休日
日曜日 / 祝日
駐車場
あり
公式通販サイト
https://www.tomiya-s.com/


実は我が家でも前回の北海道旅行で手に入れた、トミヤ郷土民芸さんの木彫りの熊を飾っています!
いわゆる一般的な北海道の木彫りの熊とはポーズは異なり、お座りをしながら鮭を咥えています。浮かべている表情がなんとも愛くるしくてつい衝動買いをしてしまったワケですが、高さは15cmあり、値段は5000円 – 6000円ほどだったと記憶しています。

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次