熊野古道はなんで世界遺産なの?歴史を紐解けば旅行がもっと楽しくなるはず!

“紀伊山地の霊場と参詣道”の名目で、ユネスコが定める世界遺産に登録されている熊野三山と、そこへ至る熊野古道。
世界遺産であることは知っていても、何が凄いのかと聞かれて応えられる人は少ないのではないでしょうか。

今回の記事では、かつて庶民の間でも「伊勢へ七度、熊野へ三度」という言葉が広く浸透していたほどの熊野信仰についてご紹介していこうと思います。
読み終わる頃にはきっと観光へ行きたくなっているハズですよ。

目次

“熊野”はなんで世界遺産に登録されたの?

熊野地方 (三重県、奈良県、和歌山県)では古くから、御神体として熊野川を祀る熊野本宮大社をはじめ、神倉山のゴトビキ岩を祀る熊野速玉大社、那智の滝を祀る熊野那智大社があり、それらの信仰と修験道を合わせた熊野信仰が育まれてきました。

熊野信仰とはかつての上皇をはじめ一般民衆にまで広く浸透していた信仰で、当時の熱量は「伊勢へ七度、熊野へ三度」という言葉が生まれるほどでした。

2004年に登録されたユネスコ世界文化遺産も、そういった由緒ある独自の信仰文化が評価されてのことです。
また、今のように交通機関が未発達だった日本では、移動はとても大変なこと。熊野三山と合わせてそこへ至る全部で5本の順路も世界遺産には含まれています。

熊野信仰の歴史を探る

熊野のある紀伊半島には1500m前後の山々からなる紀伊山地があり、山地は険しい斜面が続きます。また年間降水量も多く温暖多湿な気候のため、鬱蒼とした木々が一帯に広がっています。

日本には、古来から自然物をはじめ気象や自然現象には神様が宿っていると考えり、崇拝し、信仰する “神道”という民族宗教があります。そのため人間が住むには厳しい過酷な自然環境の熊野地方が、“神々が住まう神聖な場所”として考えられるようになったのも自然な流れなのかもしれません。

熊野三山でそれぞれ神聖な対象物として扱われている熊野川、ゴトビキ岩、那智の滝もそうした神道の考えに由来しています。

熊野信仰が全国的に有名になったのはいつ?

熊野信仰、熊野参詣が全国の一般民衆に広く知れ渡るようになったのは、歴代の上皇が熊野御幸を頻繁に行うようになったのがきっかけです。(御幸:上皇・法皇・女院の外出されること)

はじめに熊野御幸をおこなったのは宇多法皇で、西暦907年のこととなります。そしてそれから約80年後の992年には花山法皇が御幸を行いました。しかし、この熊野御幸はそれぞれ1度きりであったため、一般民衆へ浸透するまでには至っていません。

熊野信仰が庶民のあいだに広まったのは、白河上皇の時代からとなります。
上皇は1090年 – 1128年の約40年のあいだに9回もの熊野御幸を行い、そしてそれ真似て熊野参詣をする人々が増えていきました。

白河上皇のあとにも、鳥羽上皇、崇徳上皇、後白河上皇、後鳥羽上皇、亀山上皇などが熊野御幸を行っており、宇多法皇から始まり374年のあいだに約100回もの熊野御幸が行われました。

歴代の上皇たちは何故、これほどまでに熊野御幸を重視したのか 

かつて都のあった京都から熊野までは約150kmの道のり。
もちろん今ほど道路は整備されておらず、行程は全て徒歩となります。

なぜ当時の上皇達は熱烈に熊野信仰を続けたのでしょうか。

それは熊野が死者の世界と通じている死後の世界への入り口と信じられていたからです。

熊野三山の熊野速玉大社、熊野那智大社、熊野本宮大社では、それぞれ熊野信仰に由来する神様が祀られていますが、熊野速玉大社の熊野速玉大神と熊野夫須美大神は、薬師如来千手観音、そして熊野那智大社の熊野夫須美大神は千手観音、熊野本宮大社の家都美御子大神は阿弥陀如来の化身とされています。

そしてこの三社を詣でると、熊野速玉大社は過去世の救済、熊野那智大社は現世の利益、熊野本宮大社は来世の加護が受けられるとされ、“来世の安泰のご利益が得られるという信仰から、上皇達による熊野御幸が脈々と受け継がれていったのです。

熊野古道以外にもある、来世ご利益が授かれるパワースポット

熊野信仰にまつわる遺構は、世界遺産に “紀伊山地の霊場と参詣道”として登録されているため、現在でも多くの人々が熊野詣を行いにこの地を訪れます。
熊野三山の来歴や由緒をしっかり予習しておくことで、観光がもっと楽しく感じられるのではないでしょうか。

And Japanでは、熊野古道の魅力に触れている記事もご用意していますので、是非ご覧になってください。
また、来世のご利益が授かれる場所として “山形の出羽三山” も有名ですよね。どちらも霊験あらたかなパワースポットですし、興味がある方は旅行を計画してはいかがでしょう。

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次