読めば旅に出たくなる!村上春樹はラオスで何を見つけたのか?【旅の本】

皆さんは旅行先を決めるとき、何を基準に選びますか?美味しい食事でしょうか、歴史的な建造物?はたまた美しい自然など、目的は人それぞれですよね。
「ラオスにいったい何があるというんですか?」という本書のタイトルは、村上さんがラオスへ行く際に乗り継ぎで寄ったハノイで、ヴェトナム人から質問されたフレーズ。
村上さんも答えようがなかった未知の国ラオスで、はたして何かを見つけることが出来たのでしょうか。

目次

「ラオスにいったい何があるというんですか?」はどんな本?

ラオスのメコン川 ※本書とは関係ありません。

本書は、著者である村上さんが訪れた様々な国について綴ったエッセイで、いくつかの雑誌に掲載された原稿をまとめた本です。村上さんならではの軽快な文章と、旅の雰囲気が伝わる写真が魅力的な一冊になっています。

紹介されている国は、アメリカのボストンとニューヨーク、アイスランド、ギリシャのミコノス島とスペッツェス島、フィンランド、イタリアのトスカナ、日本の熊本、そしてタイトルになっているラオスです。
中には、ボストンやギリシャなど村上さんが住んでいた国もあるため、通常の旅行記よりも現地の雰囲気が色濃く伝わって気ます。

こんな人にオススメの一冊

さて、いったい何がラオスにあるというのか?良い質問だ。たぶん。でもそんなことを訊かれても、僕には答えようがない。だって、その何かを探すために、これからラオスまで行こうとしているわけなのだから。それがそもそも、旅行というものではないか。

大いなるメコン川の畔で ルアンプラバン(ラオス)本文中より

村上さんの旅に対する感覚が分かる一文ですね。
インターネットによって、旅する前から目的地のあらゆる情報を手にすることが可能な時代。あえて情報を遮断し、自分が全く知らない場所へ旅するのも良いかもしれませんね。
その結果、有名な観光地を回れなかったり、美味しいレストランに行きそびれることになっても、その先にもっと素晴らしい、あるいは笑えるほど残念な体験が待っていたら、きっと思いで深い旅になるのではないでしょうか。
最近、旅行がマンネリで面白くない。そんな人にオススメの1冊でした。

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次