ジブリ映画「もののけ姫」の聖地!白谷雲水峡には苔むす原生林がどこまでも広がっています

オススメ度

白谷雲水峡は屋久島の海の玄関口 “宮之浦港”からも行きやすい、白谷川の上流にある渓谷です。
ここはジブリ映画 “もののけ姫”の舞台にもなったとされる場所で、辺りには苔むす鬱蒼とした森が広がっています。一帯は屋久島の原生林簡単に観賞できる場所として、“屋久島自然休養林”に指定されているほか、日本蘚苔類学会によって “日本の貴重なコケの森”にも選ばれています。

白谷雲水峡の入り口は標高1050mに位置しており、渓谷内にはトレッキングコースが整備されています。緑豊かなの森の中を歩み進むと、身も心も現れるような清々しい気分に浸れることでしょう。

目次

白谷雲水峡でトレッキングを楽しもう!

白谷雲水峡には初心者 – 上級者まで、また若者 – お年寄りまで幅広い層が楽しめるトレッキングがコースが、全部で3種類用意されています。
いずれのコースでも、樹齢1000年を超える屋久杉も見られるので、ご自身の体力状況に合わせて山歩きを楽しみましょう。

コース名距離 (約)所要時間 (約)難易度
弥生杉コース2km1時間10分初心者向け
奉行杉コース4km3時間中級者向け
太鼓岩往復コース5.6km4時間上級者向け

白谷雲水峡はもののけ姫の森のモデル

白谷雲水峡は、1997年に公開されたジブリ映画 “もののけ姫”で登場した、シシ神様やコダマ達が住まう森のモデルとされています。
劇中の木々にもびっしりと苔が生えていましたが、まさに白谷雲水峡はもののけ姫の世界そのものです。
木立の奥から我々をシシ神様が見ているような、青々しい葉の上にコダマが乗っているような感じが本当にしてきます。

白谷雲水峡へは朝方に行くのがいいでしょう。
朝露に濡らされた苔が陽光に当てられて、キラキラと光輝いて見えます。その光景は本当に美しく、トレッキングをさらに楽しいものにしてくれます。

白谷雲水峡インフォメーション

オススメ度

名称
白谷雲水峡
住所 [Google Map]
〒891-4200 鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦
営業時間
8:30 – 16:30
定休日
無休
台風や大雨警報、洪水警報、暴風警報発令時など荒天時は閉園となります。
入場料金
¥500 (高校生以上)
ヤクスギランドで、200円割引券を配布しています。
駐車場
あります
公式サイト
http://y-rekumori.com/shiratani_text/

白谷雲水峡へのアクセス

所要時間は目安です最適な乗り換え順路は検索時間により異なります。

白谷雲水峡の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次