阿寒湖:世界的にも珍しい丸いマリモが生息する釣り人の聖地

オススメ度

阿寒湖は北海道の道東エリア、釧路市にある湖です。阿寒湖は、世界的にも珍しい丸い形をしたマリモが生息しているほか、温泉旅館も多く、近くには北海道の先住民族であるアイヌの最大集落があることから有名な観光地として知られています。
またここは “釣り人の聖地” とも言われており、北海道の在来種であるアメマス・ヒメマスを狙い多くの釣り人が集まります。

冬には湖面が結氷するため、スケートやスノーモービルなどのウインタースポーツが人気で、凍った湖に穴を開けて釣るワカサギ釣りも盛んです。

目次

お土産の定番 阿寒湖のマリモってなに?

日本人にとって阿寒湖と言えばマリモの群生地として有名です。
マリモとは水中に生息している藻の仲間で、陸上の植物と同様に光合成をして成長します。本来マリモは糸のような形をしていますが、阿寒湖のマリモは風や波の力によって水底で回転し球状となっているのが特徴です。球状のマリモは世界的にも珍しく、阿寒湖のほかはアイスランドにあるミーヴァトン湖でしか見ることができません。

マリモは国の特別天然記念物に指定されているため、阿寒湖の湖上から、また潜って自然のマリモを見にいくことはできません。(毎年10月8日に開催される “生息観測会”を除く)
阿寒湖のマリモを見たい人は、観光遊覧船に乗って行くことができるチュウルイ島の “マリモ展示観察センター”か、 “阿寒湖畔エコミュージアムセンター” へ行きましょう。そこでは球状マリモが展示されています。

冬の阿寒湖では神秘的な絶景が見られる

冬季の阿寒湖は湖面が厚い氷で覆われて、“アイスバブル” や “フロストフラワー”といった神秘的な光景が見られます。

アイスバブルは、湖底から湧き出たガスが氷に閉じ込められたもので、無数に気泡が広がっている様はまるで空に瞬く星々のようです。フロストフラワーはもっと珍しい現象で、気温がマイナス15度以下であること、風がないこと、湖面に雪がないことが条件となります。
そして阿寒湖はそれらの条件を満たし、フロストフラワーが見られる湖として有名です。

阿寒湖インフォメーション

オススメ度

住所 [Google Map]
〒085-0000 北海道釧路市
公式サイト
https://ja.kushiro-lakeakan.com/

阿寒湖への行き方

公共交通機関を利用して阿寒湖へ行くのは非現実と言えます。
パックツアーに申し込むか、レンタカーを借りて行くことをおすすめします。

阿寒湖の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次