納沙布岬:Cape Nosappu

オススメ度

納沙布岬は北海道の根室半島先端にあり、一般人が訪問することができる日本最東端地点になります。
名前の由来はアイヌ語の“ノッ・サム(岬の傍らの意味)”からきており、岬の傍らにあった集落名がノッ・サムであったことから岬も同じ様に呼ばれることとなりました。

納沙布岬とよく似ている岬にノシャップ岬がありますが、納沙布岬とは別の岬となります。(ノシャップの名前はアイヌ語の“ノッ・シャム”に由来していて、意味は“岬のそば”です。)

納沙布岬からは北方領土の歯舞群島が望めるほか、またまれに野生のラッコやクジラ、イルカも見られます。

目次

納沙布岬灯台は北海道で最も古い灯台

納沙布岬は、北海道エリアの中でもいち早く灯台が建てられた “北海道灯台発祥の地” として知られています。
初めて建てられたのは1872年 (明治5年)のこと。当時の灯台は八角形の木造建てで、設計は日本の多くの灯台建設に携わったイギリス出身のリチャード・ヘンリー・ブラントンが務めました。尚現在は、1930年 (昭和5年)に建て直されたコンクリート造の灯台に置き換わっています。

納沙布岬インフォメーション

オススメ度

住所 [Google Map]
〒087-0165 北海道根室市納沙布
公式サイト
https://www.nemuro-kankou.com/access/spotmap-nosapp/

納沙布岬への行き方

納沙布岬へは根室駅から路線バスも出ているため、公共交通機関を利用して行くことが可能です。しかし、道東エリアの観光スポット間は距離があるため、同時に回る場合は、パックツアーに申し込むか、レンタカーを借りて行くことをおすすめします。

納沙布岬の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次