霧多布湿原:Kiritappu Wetland

オススメ度

霧多布湿原は北海道の道東エリアにある、国内では5番目に大きい3168ヘクタールの広さを持つ湿原です。
毎年春から秋にかけて多くの花が咲き誇ることから、別名 “花の湿原”とも呼ばれており、季節の移ろいを感じられるスポットです。

湿原の中心部 (約800ヘクタール)は国の天然記念物に指定されており、またラムサール条約登録湿地として認定を受けています。それほどこの霧多布湿原は、特に水鳥たちの生息地として重要な拠点であり、時折オオワシ、オジロワシ、タンチョウヅルなどが水辺で休息している姿なども見られます。

目次

霧多布湿原では約300種の花が咲き誇る

雪解けの季節から初雪が振り始める季節まで、霧多布湿原ではシーズンを通して多様な草花が見られます。
ここでは、代表的な花の見頃をまとめています。旅行へ行かれる際に参考としてください。

4月

  • フクジュソウ (5月まで)
  • ミズバショウ (5月まで)

5月

  • エゾネコノメソウ
  • エゾオオサクラソウ (6月まで)
  • オオバナノエンレイソウ (6月まで)
  • エゾエンゴサク (6月まで)
  • エンコウソウ (6月まで)
  • ユキワリコザクラ (6月まで)
  • シコタンキンポウゲ (7月まで)

6月

  • ミツガシワ
  • オドリコソウ
  • コンロンソウ
  • クロユリ (7月まで)
  • ハクサンチドリ (7月まで)
  • ワタスゲ (7月まで)
  • エゾイソツツジ (7月まで)
  • クシロハナシノブ (7月まで)
  • シコタンキンポウゲ (7月まで)
  • エゾカラマツ (7月まで)
  • フタマタイチゲ (7月まで)
  • マイヅルソウ (7月まで)
  • センダイハギ (8月まで)
  • ハマナス (8月まで)
  • エゾノシシウド (8月まで)
  • ワスレナグサ (9月まで)

7月

  • ネムロコウホネ
  • カラマツソウ
  • コケモモ
  • エゾカンゾウ
  • ヒオウギアヤメ (8月まで)
  • ノハナショウブ (8月まで)
  • ホザキシモツケ (8月まで)
  • サワギキョウ (8月まで)
  • エゾフウロ (9月まで)

8月

  • エゾノシモツケソウ
  • モウセンゴケ
  • タチギボウシ
  • ノリウツギ
  • エゾリンドウ (9月まで)
  • ナミキソウ (9月まで)

霧多布湿原インフォメーション

オススメ度

名称
霧多布湿原
住所 [Google Map]
〒088-1561 北海道厚岸郡浜中町
駐車場
散策路である、やちぼうず木道手前に無料駐車場があります。
公式サイト
https://www.townhamanaka.jp/kankou/kankouchi/2017-0226-1451-13.html

霧多布湿原への行き方

霧多布湿原へ行くには、レンタカーかパックツアーを利用するのがいいでしょう。

ただし、霧多布湿原から約7kmの場所に根室本線の茶内駅があり、地元のタクシーを利用すれば、公共交通機関を使って行くことも不可能ではありません。

会社名
霧多布中央ハイヤー
住所 [Google Map]
〒088-1512 北海道厚岸郡浜中町霧多布東2条2丁目115
電話番号
0153-62-3141

霧多布湿原の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次