歌舞伎座:Kabukiza Theatre

オススメ度

歌舞伎座は日本の伝統芸能である、歌舞伎のみを公演する専用の劇場で、1889年(明治22年)に開場しました。

歌舞伎座ができるまでは、劇場名には地名や座元(江戸時代における劇場の所有者のこと)を付けるのが通例でした。そのため歌舞伎座は、当時にしてはとても斬新な命名だっと言えます。

現在の歌舞伎座は5代目となる建物にあたります。現在の建物は2013年(平成25)に建てられた建物で、耐震性が向上しているほか、バリアフリーにも対応しています。

目次

歌舞伎座の公演情報と予算感

歌舞伎座で上演される演目は約1ヶ月おきに入れ替わり、演目によって料金も代わります。

参考までに、2022年3月に上演された “三月大歌舞伎” の座席料金は以下の通りです。

1等席\16000(税込み)
2等席\12000(税込み)
3階A席\5500(税込み)
3階B席\3500(税込み)
1階桟敷席\17000(税込み)

これらは全て、事前にインターネットでチケットを予約購入する必要があります。
どうしても歌舞伎を観たい人は忘れずにチケットを購入するようにしましょう。(購入には会員登録が必要です)

ただ、事前予約はハードルが高い……、ちょっとお試しで観劇したいという人もいることでしょう。
その場合は一幕見席を利用するといいでしょう。

歌舞伎をおトクに観劇できる一幕見席とは

歌舞伎は通常、昼の部と夜の部を行う二部制で、また各部が複数の演目で成り立っています。
その中の1演目だけ観られるのが一幕見席と呼ばれるもので、歌舞伎座一階のチケットカウンターで当日券として売り出されるほか、1000円~2000円ほどの価格で観られる鑑賞することができます。

定員は約150名(椅子席:約90名、立見:約60名)で、全ての席が自由席となっています。
中でも椅子席は人気となっているので、絶対に座りたいと言う人は販売開始前に並ぶか、やはり事前予約を済ませて指定席に座るようにしましょう。

インフォメーション:歌舞伎座

オススメ度

名称
歌舞伎座
住所 [Google Map]
〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目12-15
公式サイト
https://www.kabuki-za.co.jp/
施設サービス情報
このアイコンはなに?

歌舞伎座へのアクセス

東京駅から歌舞伎座へ行くには東京メトロ丸ノ内線を使うのがいいでしょう。
銀座駅に着いたら、ひたすら地下通路を500mほど歩いて3番出入り口から地上に出ましょう。すると目の前が歌舞伎座となっています。

歌舞伎座の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次