アメ横商店街:Ameyoko Shopping Street

オススメ度

東京下町にあり、日本の中でもトップクラスの知名度を誇る商店街で、約500~600mの道沿いに400店程のお店がひしめき合っています。
一般的に言われている“アメ横”、“アメヤ横丁”は実は通称名で、「アメ横商店街連合会」が正式名称となります。

通り沿いには、魚介類や乾物を取り扱う食品店を始め、服屋、雑貨屋、宝飾品店が多く立ち並んでおり、毎年年末になると正月用の生鮮食品を求めて多くお客さんで商店街は賑わいます。

目次

アメ横商店街の由来

そもそもアメ横ができたのは第二次世界大戦の直後のことで、その当時あの一帯には営業許可のない闇市が集まっていたと言います。
モラルのないエリアを正常化するべく、現在アメ横センタービルがある場所に、営業許可のある80軒の商店が集まった“近藤マーケット”が進出。近藤マーケットを中心に他の店も続いたことから、次第に節度が守られた商店街が形成されて行き、アメ横の原型となりました。

アメ横はいったいなぜアメ横と呼ばれるようになったのでしょうか。その理由は諸説あります。

  • 飴屋が多く出展し、飴屋横丁と呼ばれるようになった説
    終戦直後の日本ではまだ砂糖が大変貴重なものでした。当時のアメ横では茨城で採れたサツマイモを原料とした芋飴や、上海から仕入れられた飴を取り扱う飴屋が多かったと言います。
  • アメリカ由来の物資が多く、アメリカ横丁が略された説
    終戦当時銀座にはアメリカ進駐軍向けの飲食物、日用品などが売られているTOKYO PXがあり、そこからの流品を扱うお店が上野周辺にも多くありました。次第にアメリカ横丁と呼ばれ、また親しみを込められてアメ横と略されるようになったのかもしれませんね。

インフォメーション:アメ横商店街

オススメ度

名称
アメ横商店街
住所 [Google Map]
〒110-0005 東京都台東区上野
公式サイト
https://www.ameyoko.net/
施設サービス情報
このアイコンはなに?

アメ横商店街へのアクセス

アメ横と言えば上野の街をイメージする人も多く、上野駅まで行ってしまいそうですが、東京駅からアメ横商店街へ行くには御徒町で下車するのが正解です。
というのも、アメ横は上野 – 御徒町間の高架下に沿うように位置しているため、上野、御徒町どちらの駅で降りても商店街への入り口が違うだけでアメ横に行くことができます。

アメ横商店街の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次