旧岩崎邸庭園:Kyu-Iwasaki-tei Gardens

オススメ度

旧岩崎邸庭園は、三菱財閥の創業家一族である岩崎家の本邸兼庭園だったものを公園として整備し直し、公開しています。

園内には東京都内とは思えない広々とした洋風庭園と、岩崎家の迎賓館として使われた洋館、日常生活を送るために使われていた和館、スイスの山小屋を再現した木造ゴシック様式のビリヤード室(撞球室)があり、歴史的建造物は国の重要文化財にも指定されています。

目次

旧岩崎邸庭園の見どころ

撞球室

旧岩崎邸庭園は三菱第3代社長の岩崎久彌(いわさきひさや)の本邸として、1896年(明治29年)に建てられました。当時の敷地は現在の3倍もあり、20棟の建物が建てられていたと言います。

中でも洋館と撞球室の設計は、明治以後の日本建築界の基礎を築いた、イギリスの建築家ジョサイア・コンドル氏が手掛けたもので、繊細な装飾が特徴です。洋館は英国17世紀初頭(ルネサンス期)によく見られるジャコビアン様式を基調としており、南西ベランダ部分には植民地様式、天井装飾や床部分にはイスラム風のデザインと、様々な建築様式が見て取れます。

撞球室は洋館とは一風変わった木造ゴシック様式で、外観はスイスの山小屋風デザインが取り入れられています。そしてこの2棟は地下通路で繋がっています。

和館

和館は、当時の政財界の重鎮達の屋敷を多く手がけた大河喜十郎氏が棟梁を務めたといわれており、建築当初は建坪550坪を誇る大邸宅でした。残念ながら和館の大部分は取り壊されてしまっており、現在は接客のための3室と待合室、渡り廊下、トイレを残すのみ。この和館と洋館は同時期に建てられたもので、和館を日常生活空間として、洋館を接客空間として主に使い分けていたと言います。

インフォメーション:旧岩崎邸庭園

新型コロナウィルスについて
  • 掲載している観光地は、新型コロナウイルス感染対策により、運営内容が変わっている可能性があります。最新情報は公式サイトで確認してください。

オススメ度

名称
旧岩崎邸庭園
住所 [Google Map]
〒110-0008 東京都台東区池之端1丁目
営業時間
9:00 – 17:00
最終入場は営業時間の30分前までです。
定休日
年末年始
入場料金
¥400 (一般)
¥200 (65歳以上)
小学生以下および都内在住・在学の中学生は無料です。
公式サイト
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index035.html
施設サービス情報
このアイコンはなに?

旧岩崎邸庭園へのアクセス

東京駅から旧岩崎邸庭園へは、東京メトロ丸の内線と千代田線を乗り継いで行きます。
最寄り駅の湯島駅からは北西方向に7分ほど歩くこととなりますが、道中に湯島天満宮もあるので退屈せずに済むでしょう。

また庭園近くには不忍池もあるので、観覧後に立ち寄ってもいいかもしれませんね。

旧岩崎邸庭園の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次