雷門:Kaminarimon-gate

オススメ度

雷門は門柱右側に風神を、左側に雷神を配した浅草寺の山門で、正式名を風雷神門と言います。
中央には“雷門”と書かれた赤ちょうちんが吊らされており、多くの観光客が写真を撮る浅草のシンボルになっています。

目次

雷門は火事により何度も焼失していた~雷門の歴史

雷門がいつ創建されたのか詳しい年代は解っていませんが、平公雅(たいらのきみまさ)が浅草寺の旧五重塔を建てた942年(天慶5年)頃ではないか、と言われています。

雷門は創建以来何度も焼失と再建を繰り返しており、1635年(寛永12年)に建てられた雷門は1642年(寛永19年)に焼失、1649年(慶安2年)に建てられたものは1767年(明和4年)に焼失、1795年(寛政7年)に建てられたものは1865年(慶応元年)に焼失と、最初の雷門の創建時期がわからなくなってしまうのも頷けます。

現在建っている雷門は、1960年(昭和35年)に松下幸之助氏(パナソニック創設者)が個人的に寄進して建てられたものになります。

門柱に収められた風神雷神像

雷門の正式名は“風雷神門”と言い、門柱の左右には風神と雷神の2体の彫像が収められています。風神は雨や風を起こし、雷神は雷や水災害から守ってくれるご利益があるとされており、2対併せて五穀豊穣の願いが込められています。

そして雷門の文字が入っている立派な赤ちょうちんは高さ3.9m、幅3.3m、重量は700kgもあり、ちょうちんの底には龍の彫刻が施されています。

インフォメーション:雷門

オススメ度

名称
雷門
住所 [Google Map]
〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目3-1
公式サイト
https://www.senso-ji.jp/
施設サービス情報
このアイコンはなに?

雷門への行き方

東京駅から雷門へ行くには、中央線と東京メトロ銀座線を乗り継ぐ必要があります。
浅草駅に着いてからは1番、3番の出入り口を使うのがいいでしょう。地上に着いて西の方角へ約2分歩くと雷門が見えてきます。

雷門をくぐって奥へ足を運ぶと仲見世通りと浅草寺があるので、併せて巡ってみてください。

雷門の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次