原宿:Harajuku

オススメ度

原宿は多様なストリート文化、ファッション文化が根付き、多くの若者で活気あふれるエリア。一般的に原宿駅の東側、表参道エリアまでのことを原宿と指します。

原宿駅から延びるメインストリート “竹下通り” には、ユニークなアパレルショップや飲食店などが建ち並び、休日は人混みで溢れ歩くのが困難なほどです。

目次

原宿(竹下通り)の歴史

原宿が今の様に、若者が集まる街へとなったきっかけは1960年頃からです。
1964年(昭和39年)に開催された東京オリンピックでは、付近の代々木体育館などが開場となり、現在の代々木公園の場所に選手村が設営されました。それから次第に、外国文化に影響を受けた若者達が原宿エリアへ集まる様になり、自慢のファッションに身を包む若者に、スケートボード・ローラースケートに興じる若者、踊る若者などで街が賑わうこととなります。

この若者達をまとめて “原宿族” という呼び名が出来たのですが、原宿界隈で “族” とついた集団と言えば、派手な衣装に身を包みディスコミュージックに合わせて踊る “竹の子族” を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
竹の子族が台頭し出したのは1980年台に入ってからなので、原宿族は竹の子族より一、二世代前のこととなります。

若者が集まる街には若者向けのショップが集まるのは、当然の流れではないでしょうか。
1960年代にはモダンな喫茶店やアクセサリー店などが相次いで出店し、1980年代に入るころにはファッション・アパレルの中心として、流行の発信地として広く知られる様になりました。

原宿という地名は存在しない?

原宿という地域名は、1965年(昭和40年)までは町名として実在していましたが、その後の住居表示実施制度により、原宿一帯は“神宮前”で統一されました。

インフォメーション:原宿

オススメ度

名称
原宿
住所 [Google Map]
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1丁目
公式サイト
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/

原宿への行き方

東京駅から原宿駅に行くには、山手線を使うのが乗り換えもなくいいでしょう。

原宿の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次