明治神宮:Meiji Shrine

オススメ度

明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后を祭神として祀る神社で、1920年(大正9年)に創建されました。

70万平方mを誇る広大な敷地には多くの草花が植えられており、その数234種約3万6千本。また、苑内では度々新種や絶滅危惧種、そして都内ではあまり見られない珍しい動植物が発見され、その度に話題となります。

初詣の定番スポットとしても有名で、年明け三が日には300万人を超える参拝客が訪れ、境内はとても賑わいます。

ちなみに明治神宮の近くにある “表参道”と呼ばれるエリアは、明治神宮へ向かうための参道という意味です。

目次

なぜこの場所に明治神宮が建てられたのか

隔雲亭 (かくうんてい)
明治天皇が昭憲皇太后のために建てられました

明治神宮は1920年(大正9年)に建てられた、神社としては比較的新しい社となります。
ではなぜこの代々木の地に明治神宮が建てられたのでしょうか。

それはここ代々木が、祭神として祀られている明治天皇と昭憲皇太后の縁の地であるからです。

江戸時代まで遡ると元々この場所は、肥後藩藩主・加藤家の別邸、そして彦根藩藩主・井伊家の下屋敷が代々あった場所で、その後1874年(明治7年)に政府が井伊家から買い上げ、南豊島御料地 (皇室の所有地)にしました。
御料地には、お身体が弱かった昭憲皇太后が運動できるようにと、遊歩庭園が整備され皇太后はこの地を愛し、幾度も行啓したそうです。
そうした縁深い背景があったため、明治神宮の建立場所に代々木が選ばれました

明治神宮の創建にあたっては、当時第一線で活躍する学者達が集められて計画されました。境内には全国から献木された約10万本が植樹され、造営工事のため11万人が勤労奉仕をしたと言います。

明治神宮の開門・閉門時間

明治神宮の開門・閉門時間は、日の出時刻と日の入り時刻に沿っています。
そのため、月により開門。閉門時間が異なるため、注意が必要です。

開門時間閉門時間
1月6:4016:20
2月6:2016:50
3月5:4017:20
4月5:1017:50
5月5:0018:10
6月5:0018:30
7月5:0018:20
8月5:0018:00
9月5:2017:20
10月5:4016:40
11月6:1016:10
12月6:4016:00

明治神宮の関連施設

明治神宮ミュージアム

明治神宮ミュージアムには、明治天皇と昭憲皇太后が実際にご使用になられた代物や、ゆかりある画家や工芸家の作品など、数多く保存・展示されています。

名称
明治神宮ミュージアム
住所 [Google Map]
〒151-8557 東京都渋谷区代々木神園町1丁目1
開館時間
10:00 – 16:30
最終入場は営業時間の30分前までです。
定休日
木曜日(祝日の場合は翌日)
入場料金
¥1000 (一般)
¥900 (高校生以下)
小学生未満は無料です。
小学生未満の入館には保護者の同伴が必要です。
公式サイト
https://www.meijijingu.or.jp/museum/
施設サービス情報
このアイコンはなに?

明治記念館

明治記念館は明治神宮外苑の一角にあり、結婚式場、宴会場・会議施設として利用できます。
またレストランやカフェも併設されており、日本の伝統装飾が施された館内で絶品の料理を楽しめます。

インフォメーション:明治神宮

オススメ度

名称
明治神宮
住所 [Google Map]
〒151-8557 東京都渋谷区代々木神園町1丁目1
営業時間
月により異なる
入苑料金
無料
駐車場
あり
駐車場が混雑していて入苑できない場合があります。
公式サイト
https://www.meijijingu.or.jp/
施設サービス情報
このアイコンはなに?

明治神宮への行き方

東京駅から明治神宮へ行くのなら、代々木駅で下車し、歩いて行くのがいいでしょう。
駅から神宮まではほぼ一本道なので、迷わずたどり着けるかと思います。

尚、これで到着するのは明治神宮の広い敷地の北西側にある北参道なので、本殿にお参りへ行く場合は、そこからさらに5分ほど歩きます。

所要時間は目安です最適な乗り換え順路は検索時間により異なります。

明治神宮の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次