東京都庁舎:Tokyo Metropolitan Government Building

オススメ度

東京都庁は東京都の行政施設であり、都政の中枢機能を担っています。
都庁には1万人以上の職員が勤務しており、1300万人を超える人口が住む東京の都政を支えています。

かつて都庁は千代田区丸の内にありましたが、現在の場所に1990年(平成2年)に移転し建てられました。設計に携わったのは、第二次世界大戦復興後から高度経済成長期にかけて、多くの国家プロジェクトを手掛けてきた建築家、丹下健三です。高さは243.4mあり、竣工当時は日本一の高さ誇る建物でした。

都庁舎には、予約不要で自由に見学できるエリアが用意されており、また第一本庁舎の45階には無料で入れる展望台があります。

目次

無料で地上202mの高さから東京の街並みを一望できる

東京都庁の第一本庁舎45階には展望室があり、無料で一般に開放されています。
展望室へは展望室専用のエレベーターで上がれるようになっており、働いている都庁職員の迷惑になることはありません。

尚、展望室は人気の観光スポットにもなっているため、混雑具合によっては順番待ちが発生する場合があります。時間に余裕をもって訪れるようにしましょう。

名称
東京都庁舎展望室
開室時間
北展望室
9:30 – 23:00
南展望室
9:30 – 17:30
最終入場は営業時間の30分前までです。
北展望室が休みの場合、南展望室は23時まで開室しています。
休室日
12月29日 – 31日
1月2日 – 3日
北展望室
第2・4月曜日 (休室日が祝日の場合はその翌日)
南展望室
第1・3火曜日 (休室日が祝日の場合はその翌日)
入場料金
無料
公式サイト
https://www.yokoso.metro.tokyo.lg.jp/shisetsu/

東京都庁舎は見学もできる

上述した展望室の他にも都庁舎には、オリンピック・パラリンピックの展示コーナーや、都議会議事堂、社員食堂など、一般向けに公開されている見学スポットがたくさんあります。

見学可能な場所は東京都のホームページで公開されています。行ってみたいと思う場所があるかチェックしてみましょう。

インフォメーション:東京都庁舎

新型コロナウィルスについて
  • 掲載しているスポットは、新型コロナウイルス感染対策により、運営内容が変わっている可能性があります。最新情報は公式サイトで確認してください。

オススメ度

名称
東京都庁舎
住所 [Google Map]
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2丁目8-1
駐車場
¥2000 (当日上限料金)
最初の1時間は30分ごと150円加算、そして1時間以降は30分ごとに250円が加算されます。
公式サイト
https://www.yokoso.metro.tokyo.lg.jp/
施設サービス情報
このアイコンはなに?

東京都庁舎への行き方

東京都庁舎は東京駅の近くにあるわけではなく、最寄り駅は新宿駅になります。
都庁は新宿駅から見て西の方角にあるため、駅から延びる西口地下通路を使用するのがスムーズです。

ところどころに案内看板が表示されているので見流さないように注意してください。A4出入り口もしくはE1出入り口が東京都庁舎に近い出入り口となります。駅付近の移動は地下通路を使用するのがスムーズですが、迷ってしまいそうなら地上へ出てしまうのも一つの手です。

所要時間は目安です最適な乗り換え順路は検索時間により異なります。

東京都庁舎の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次