高尾山:Mount Takao

オススメ度

高尾山は東京都の南東部にある標高599mの山。東京都の中でも豊かな自然が広がるエリアにあります。
都心からのアクセスも良く、気軽に日帰り登山が楽しめることから、高尾山は世界一登山客の多い山と言われています。

高尾山の中腹には、ハイキングコースが網の目のように複数存在しています。手軽に登山を楽しみたい人は、1号路ルートがおすすめ。1号路は高尾山の主要な見どころを網羅しているほか、山道が舗装されているためとても登りやすくなっています。

目次

高尾山の見どころ

展望台

高尾山には眺望が良いスポットがいくつかあります。
1つはケーブルカーの高尾山駅近くにある展望台で、関東平野を一望でき、晴れている日は約50km先の東京スカイツリーや、横浜ランドマークタワーも見ることができます。

そしてもう1つは高尾山の山頂から眺め。こちらは西側の山々を広く見渡すことができ、遠くの山尾根から富士山も見られます。

高尾山薬王院

高尾山は古くから山岳信仰の霊峰として崇拝されてきました。山の中腹、標高500m付近には薬王院があり、仏教の宗派の1つ真言宗智山派の大本山として知られます。

薬王院のご本尊は不動明王の化身である “飯縄大権現(いづなだいごんげん)”です。この飯縄大権現の従者が天狗とされることから、薬王院境内には天狗をモチーフにした像が置かれ、高尾山のシンボルにもなっています。

さる園・野草園

ケーブルカーが発着する高尾山駅から少し登ったところには、“さる園・野草園”があります。
園内では約80頭のニホンザルが飼育・展示されており、サルの習性などを学べるほか、餌やり体験ができます。

さる園には併設されて、約300種類の野草が見られる野草園もあり、年間通して四季折々の草花を見学できます。

高尾山は紅葉・桜のスポットとしても知られる

高尾山は都内有数の紅葉スポットとしても知られており、特に11月下旬から~12月上旬の見頃になると登山道は観光客で大変混み合います。
また高尾山には隠れた桜の穴場スポットもあります。高尾山の山頂には陣馬山まで繋がる縦走ルートがあるのですが、そのルートを30分程先へ進んだところに、1000本もの桜が咲く群生地があります。ここまではあまり花見客がやってくることはないので、静かにお花見を楽しみたいのならおすすめのスポットです。

高尾山はケーブルカー・リフトで中腹まで登れる

高尾山の1号路ルートには、山の麓から中腹まで簡単に登れるケーブルカーとリフトがあります。

尚、ケーブルカーとリフトはそれぞれ駅舎と駅名が違うので注意が必要です。
ケーブルカーは麓の清滝駅から標高472m地点の高尾山駅までを結び、リフトは清滝駅に隣接する山麓駅から標高462m地点の山上駅まで行くことが出来ます。全長3.8kmある1号路の大部分をショートカットできるので、小さいお子さん連れでも疲れることなく山頂を目指せます。

ケーブルカー

  • 15分間隔で運行しています。
  • 乗車時間:約6分
  • 片道料金:490円 (大人)、250円 (子供)
    往復料金:950円 (大人)、470円 (子供)

運行時間

始発終発 (平日)終発 (土日・祝)
12月 – 2月8:0017:1517:30
3月8:0017:3018:00
4月 – 5月8:0018:0018:30
6月8:0017:4518:00
7月 – 8月8:0018:0018:30
9月 – 11月8:0017:4518:00

リフト

  • 乗車時間:約12分間
  • 片道料金:490円 (大人)、250円 (子供)
    往復料金:950円 (大人)、470円 (子供)

運行時間

始発終発 (平日)終発 (土日・祝)
12月 – 4月9:0016:00混雑状況により延長あり
5月 – 11月9:0016:30混雑状況により延長あり

インフォメーション:高尾山

オススメ度

名称
高尾山
住所 [Google Map]
〒193-0844 東京都八王子市高尾町

高尾山への行き方

高尾山に一番近い駅は京王線の高尾山口駅となります。
東京駅から行く場合は東京メトロ丸ノ内線で新宿駅まで行き、そこから京王線に乗り換えるのがいいでしょう。

改札を出たらそのまあ右へ進み、500m程歩くと高尾山の山道入口に到着します。

所要時間は目安です最適な乗り換え順路は検索時間により異なります。

高尾山の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次