新江ノ島水族館:江の島からアクセス良好!海沿いにあり、見どころたくさんの水族館

オススメ度

関東屈指の観光地、江の島から約1.3kmの場所にある新江ノ島水族館は、富士山や相模湾を望める最高のロケーションにあります。2004年にオープンした比較的新しい水族館で「イルカショー」や、幻想的な演出で展示されているクラゲのコーナーが人気です。

レベルの高いイルカショーは特に人気で、開演30分程前には満席になる事もあります。座って鑑賞したい人は早めに席に着くことをおすすめします。

目次

新江ノ島水族館の観覧所要時間

混雑状況にもよりますが、展示されている魚や生き物の鑑賞だけであれば1.5時間~2時間程、ショーやイベントなども鑑賞すると4時間~5時間程度です。

館内の展示物・見どころ

  • 相模湾ゾーン 世界に類を見ない多様な生物の宝庫である相模湾の生き物の展示
  • 深海Ⅰ ~JAMSTECとの共同研究~ 深海の環境を再現
  • クラゲファンタジーホール 幻想的な癒し空間
  • 太平洋 親潮と黒潮に育まれた豊かな海洋生物
  • 皇室ご一家の生物学ご研究 昭和天皇、上皇陛下の海洋生物研究
  • クラゲサイエンス クラゲの研究コーナー
  • ペンギン・アザラシ
  • テーマ水槽 テーマは期間ごとに入れ替わる
  • なぎさの体験学習館 参加型プログラム
  • イルカショースタジアム 動物たちの素晴らしいパフォーマンスが楽しめる
  • タッチプール 生き物に直接触れることができる
  • ウミガメの浜辺 ウミガメ解説パフォーマンス
  • カピバラ ~陽だまりの草原~ カピバラのくらす水辺の草原をイメージ
  • 深海Ⅱ ~しんかい2000~ 日本の深海研究の飛躍的な発展に貢献した潜水調査船の展示
  • カワウソ ~木漏れ日のオアシス~ 動きが活発で可愛らしいしぐさが人気
  • えのすいeco環境水槽 海の環境問題を考える
  • ふれあいプログラム イルカと握手、魚への餌やり、カピバラへの餌やり、うみがめへのタッチなど
  • 水槽内に入ったトレーナーによる、魚や生き物の解説

館内の施設

館内の3つのカフェでは、可愛いカメをモチーフにしたパンや海の幸の丼など、新江ノ島水族館ならではのメニューが充実しています。
ショップではイルカや海の生き物のぬいぐるみ、お菓子、オリジナルグッズなど品揃えも豊富でお土産に困りません。

新江ノ島水族館インフォメーション

オススメ度

名称
新江ノ島水族館
住所 [Google Map]
〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
営業時間
3月 – 11月 9:00 – 17:00 (最終入場 16:00)
12月 – 2月 10:00 – 17:00 (最終入場 16:00)
定休日
無し ※設備の点検などで休館となる場合があるので公式サイトで確認の上お出かけください。
入場料金
¥2500 (大人)
¥1700 (高校生)
¥1200 (小・中学生)
¥800 (幼児 3歳以上)
コンビニエンスストアで前売り券の購入が可能です。
江ノ電、湘南モノレールの1日乗車券を提示すると10%の割引が受けられます。
現金以外の支払い方法
各種クレジットカード利用可能
各種交通系IC利用可能
駐車場
無し (周辺に有料駐車場あり)
公式サイト
https://www.enosui.com/
施設サービス情報
このアイコンはなに?

新江ノ島水族館へのアクセス

所要時間は目安です最適な乗り換え順路は検索時間により異なります。

“江の島”の名前がつく駅は、小田急江ノ島線の「片瀬江ノ島」、江ノ島電鉄の「江ノ島」、湘南モノレールの「湘南江の島駅」と、3つあるので間違えのないように注意が必要です。

片瀬江ノ島駅

竜宮城のような作りで目を引くのが片瀬江ノ島駅で、新江ノ島水族館・江の島に一番近い駅です。

屋根の上に飾られているのは、金のシャチホコならぬ「金のイルカ」。駅の中にはクラゲの水槽が設置されており、水族館へ到着前から気分が高まります。

新江ノ島水族館周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次