自然、ミュージアムやカフェ、ショップと見どころたくさん!鎌倉観光の定番スポット「鶴岡八幡宮」

オススメ度

神奈川県鎌倉市にある神社で鎌倉八幡宮とも呼ばれ、沢山の観光客が足を運ぶ、鎌倉観光の定番スポットです。
鎌倉幕府の初代将軍である、源頼朝ゆかりの神社として約800年の歴史を持ち、武運の神、勝利の神として、信仰を集めています。

広い境内には歴史のある建造物だけでなく、四季の変化を感じる自然、ミュージアムやカフェ、ショップと、見どころが沢山。
鶴岡八幡宮へ一直線に続く参道「若宮大路」は由比ヶ浜の「一ノ鳥居」から始まり、 「二ノ鳥居」 「三ノ鳥居」 と続いていて、春には両脇から咲く桜がトンネルのようになり、こちらも見どころの一つとなっています。

目次

パワースポットとしても知られる鶴岡八幡宮には見どころが沢山

本宮(上宮)

鶴岡八幡宮中心となる御社殿です。年間を通じて様々な祭事が行われています。

国の重要文化財に指定されています。

大石段

階段を登り終えると見晴らしの良い景色が広がりフォトスポットとして人気です。

大銀杏

樹齢は1000年ともいわれ、県の天然記念物となっていましたが2010年に倒れてしまった為、幹は切断され、すぐ近くの今の場所に移植されました。

鶴岡八幡宮はパワースポットとしても有名ですが、その中でもこの大銀杏は強力なパワーがあると言われています。

蓮の花

7月中旬~8月中旬は蓮の花が池を埋め尽くします。

蓮の花は朝に咲き、昼には花を閉じてしまいます。
7時から10時頃までに訪れるのがお勧めです。

若宮大路

二の鳥居から鶴岡八幡宮までは車道より一段高い歩道となっており、段葛(だんかずら)と言います。
この段葛は鶴岡八幡宮の私道であり、境内の一部です。

春には見事な桜のトンネルとなります。

三ノ鳥居

由比ガ浜から続く参道にある鳥居で、本殿に一番近いのが三 ノ鳥居です。もとは徳川四代将軍家綱によって寄進された鳥居でしたが、1923年 (大正12年) の関東大震災によって倒壊。後にコンクリート造りで再建されました。

鶴岡八幡宮の関連施設

鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム
営業時間
10:00 – 16:30
定休日
月曜日(祝日の場合は開館)、展示替期間、年末年始
入場料金
展示内容によって異なる
公式サイト
https://tsurugaokamuseum.jp/index.html

・鶴岡八幡宮の歴史を中心に、季節展示や特別展示を行っています。

鶴岡ミュージアム カフェ&ショップ
営業時間
10:00 – 17:00(16:30ラストオーダー)
定休日
月曜日(祝日の場合は翌日)

・木のぬくもりが心地いい開放的なカフェとオリジナル・グッズや鎌倉の伝統工芸品などを販売しているショップ。

茶寮 風の杜
営業時間
10:30 – 17:00
定休日
無し

・和モダン茶寮で抹茶など、和テイストのドリンクが楽しめます。

鶴岡文庫
営業時間
9:00 – 12:00 / 13:00 – 16:30
定休日
月曜日、年末年始(ほか臨時休館あり)

・鶴岡八幡宮や、鎌倉の歴史や文化に関する資料の閲覧ができます。

宝物殿
営業時間
9:00 – 16:00
定休日
無し(展示替え等による休館あり)
入場料金
\200 (大人)
\100 (小人 小学生)

・鶴岡八幡宮ゆかりの宝物や御神宝類が陳列されています。

鶴岡八幡宮インフォメーション

新型コロナウィルスについて
  • 掲載している観光地は、新型コロナウイルス感染対策により、運営内容が変わっている可能性があります。最新情報は公式サイトで確認してください。

オススメ度

名称
鶴岡八幡宮
住所 [Google Map]
〒248-8588 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
営業時間
6:00 – 21:00 (10月 – 3月)
5:00 – 21:00(4月 – 9月)
定休日
無し
入場料金
無料
駐車場
有り (普通車40台) 1時間まで\600/以降30分毎\300
公式サイト
https://www.hachimangu.or.jp/
施設サービス情報
このアイコンはなに?

鶴岡八幡宮への行き方

JR鎌倉駅より徒歩、タクシーで向かう場合いずれも東口を出ます。参道である若宮大路、もしくは多くのスイーツ店などが立ち並ぶ小町通りを通り10分ほど歩くと到着です。
東口駅には観光案内所があるので、マップや見どころの書かれたパンフレットを入手するといいでしょう。

鶴岡八幡宮の周辺スポット

小町通り

鎌倉駅と八幡宮の間に位置する小町通りには老舗から最近話題のスイーツ・グルメのお店が所狭しと並んでいます。

和スイーツをはじめ、鎌倉名物のしらす丼までもがおしゃれに食べ歩き出来るように工夫がされています。写真映えするグルメも沢山あり、休日ともなると多くの人で賑わいます。

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次