箱根神社:水中鳥居は写真映え間違いなし!箱根観光で立ち寄りたいパワースポット

オススメ度

757年 (天平宝字元年)、万巻上人によって創建され古くは関東総鎮守箱根大権現と言い、多くの信仰を集めていました。
鎌倉時代には源頼朝や幕府要人が戦の前に勝利を祈願した場所として知られます。
御祭神は、箱根大神 (ハコネノオオカミ) 。開運厄除・心願成就・勝運守護・縁結びなど、多岐にわたってご利益が得られると言われています。

箱根大神とは、瓊瓊杵尊 (ニニギノミコト)、木花咲耶姫命 (コノハナサクヤヒメノミコト)、彦火火出見尊 (ヒコホホデミノミコト) の御三神の総称です。

目次

水中鳥居はインスタ映えスポットとしても人気 箱根神社の見どころ

水中鳥居

インスタ映えスポットとしても人気の、箱根神社の水中鳥居は平和の鳥居とも呼ばれています。
1952年に継宮明仁親王の立太子礼と、連合国との講和条約締結を記念して建てられました。

立太子礼 (りったいしれい) とは、天皇が日本の皇太子であることを内外に宣明する儀式で、皇室儀礼です。

湖側から見られる「平和」の額は1964年に箱根大神(ハコネノオオカミ)御鎮座1200年と第一回東京オリンピック開催を奉祝記念し、掲げられたものです。

平和の文字は講和条約に調印した吉田茂が筆をふるったものです。

安産杉

箱根神社の御神木である「安産杉」は、子孫繁栄や安産にご利益があるとされています。
源頼朝もこの安産杉に安産祈願をしたそうで、妻 政子との間に無事誕生したのが、第三代将軍の実朝です。

九頭龍神社 (新宮)

箱根神社境内には、金運守護・商売繁盛・縁結びの神様が祀られている九頭龍神社の新宮があります。
本宮は箱根神社から3.4kmほど北西の芦ノ湖湖岸にありますが、徒歩もしくは船でしか渡ることができなかった為、平成12年に箱根神社の境内に分社として九頭龍神社 新宮が建立されました。

九頭龍神社 新宮では「龍神水」を頂くことができます。
龍神水は飲めば自身の中の不浄を浄化し、家の神棚に供えれば家内を清浄して、幸運を引き寄せてくれるといわれています。
持ち帰り用のペットボトルが販売されていますが、持ち込んだ容器に汲む事も出来ます。

宝物殿

1907年 (明治40年)に開設された博物館施設で、その後2007年に100年を記念して新築されました。
宝物殿には箱根神社の歴史と文化に触れる事の出来る各時代の主な彫刻や絵画、古文書、工芸品等が展示、紹介されています。

宝物殿
開館時間
9:00 – 16:30(入館は16:00迄です)
※但し、祭典・展示替等のため臨時に休館することがあります。
入場料金
\500 (中学生以上)
\300 (小学生)

参道

本殿までは杉などの木々に囲まれた90段の階段を昇っていきます。

曽我神社

参道の途中には曽我神社があります。

箱根神社インフォメーション

オススメ度

名称
箱根神社
住所 [Google Map]
〒250-0522 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1
営業時間
入場は24時間可能
お札所・御神印の受付時間 8:15 – 17:00
御祈祷の受付時間 8:30 – 16:00
宝物殿の拝観受付時間 9:00 – 16:00
定休日
無し
入場料金
無料 (宝物殿は別途拝観料金が必要)
駐車場
有り 7:00 – 17:00
公式サイト
http://hakonejinja.or.jp/
施設サービス情報
このアイコンはなに?

箱根神社への行き方

また、箱根神社まで徒歩5分ほどの山のホテルまで新宿駅から高速バスが出ています。

発:新宿駅・池尻大橋 ~ 着:箱根小田急山のホテル
片道運賃 \2250(大人)
所要時間 150分

箱根神社周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次