羊ヶ丘展望台:Sapporo Hitsujigaoka Observation Hill

オススメ度

さっぽろ羊ヶ丘展望台は北側に広がる札幌市街地を、さらには北西方角に目を移せば石狩平野までを望める、北海道屈指の観光名所です。

展望台のある場所は札幌市内でありながら、広大な牧草地が広がる緑豊かな場所となっており、羊たちの群れなど牧歌的な風景も楽しめます。

丘の上には、札幌農学校 (現北海道大学)の初代教頭であり、北海道の開拓者精神の象徴としても讃えらている “ウィリアム・スミス・クラーク博士” の立像が建てられており、彼が発したと言われる格言の「Boys, be ambitious (少年よ、大志を抱け)」と合わせて広く知られています。

目次

羊ヶ丘展望台は通年で楽しめる完璧な観光地

羊ヶ丘展望台では毎年夏になると一面にラベンダーが咲き乱れるほか、ヒマワリやコスモスなど四季折々の草花を楽しむことができます。

また、イベントも豊富に実施されています。毎年5月上旬に行われる羊の毛刈りの実演や、ウィンターシーズンに開かれるスノーアクティビティを楽しめる “スノーパーク” は、北海道ならではのイベントではないでしょうか。

羊ヶ丘展望台インフォメーション

オススメ度

名称
さっぽろ羊ヶ丘展望台
住所 [Google Map]
〒062-0045 北海道札幌市豊平区羊ケ丘1
営業時間
8:30 – 18:00 (5月1日 – 6月30日)
8:30 – 19:00 (7月1日 – 8月31日)
8:30 – 18:00 (9月1日 – 9月30日)
9:00 – 17:00 (10月1日 – 4月30日)
最終入場は営業時間の15分前までです。
イベントにより閉場時間が変更になる場合があります。詳しくは公式サイトをご確認ください。
定休日
なし
入場料金
¥530 (大人)
¥300 (小・中学生)
幼稚園生、また5歳以下は無料です。
駐車場
100台 (普通車)
公式サイト
https://www.hitsujigaoka.jp/
施設サービス情報
このアイコンはなに?

羊ヶ丘展望台への行き方

札幌駅から羊ケ丘展望台へは、地下鉄東豊線とバスを使って行くことができます。
地下鉄東豊線の乗り場は、札幌駅内の地下通路を8分ほど歩いて行く必要があるため、時間に余裕を持って移動しましょう。

羊ヶ丘展望台の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次