南禅寺:ノスタルジックな建造物が並ぶフォトジェニックなスポット

オススメ度

1291年に創建された南禅寺は、京都の中でも歴史が深く、格式の高いお寺として有名です。
広大な敷地には塔頭寺院を含め、庭園、水路閣など、数多くの見所が点在しています。

目次

石川五右衛門のセリフで有名な三門【重要文化財】

高さ約22メートルの存在感のある大きな門で、階段を上り上部から京都市内を一望する事ができます。
伝説の大泥棒石川五右衛門 (いしかわごえもん) がこの三門の上から見た桜の景色に「絶景かな絶景かな」という言葉を残した事でも有名で、春の桜、夏の新緑、秋の紅葉と季節ごとの絶景を楽しむ事が出来ます。

開創当時の三門は火災で焼失しており、現在見られるものは1628年に再建されたものです。

京都で有数のフォトスポット「水路閣」

琵琶湖の水を京都市に流す水路橋で1888年に完成しました。
南禅寺境内を通過するため、景観に配慮したデザインになっており、そのノスタルジックな佇まいは人気のフォトスポットになっています。

方丈【国宝】と方丈庭園

方丈とは住職の居室のことで、南禅寺の方丈は「大方丈」と、その背後に続いている「小方丈」の2つから成ります。
1953年に国宝に指定されました。

天授庵 (てんじゅあん) の紅葉

南禅寺の塔頭のひとつで1339年 (暦応2年) に創建されましたが応仁の乱により焼失。その後、1602年に再建されました。
毎年紅葉の季節にはライトアップの演出がされ、白砂とのコントラストは息をのむ美しさです。
(※2021年はライトアップは中止となりました)

南禅寺インフォメーション

新型コロナウィルスについて
  • 掲載している観光地は、新型コロナウイルス感染対策により、人数制限がかけられている場合があります。詳しくは公式サイトで確認してください。

オススメ度

名称
南禅寺
住所 [Google Map]
〒606-8435 京都府京都市左京区南禅寺福地町86
営業時間
8:40 – 16:30 (12月 – 2月)
8:40 – 17:00 (3月 – 11月)
最終入場は営業時間の20分前まで。
行事により閉場時間が変更になる場合があります。詳しくは公式サイトをご確認ください。
定休日
無し
12月28日 – 12月31日
駐車場
乗用車 2時間以内 \1000。以降1時間毎に\500追加。
公式サイト
https://www.nanzenji.or.jp/
施設サービス情報
このアイコンはなに?

入場料金一 般高校生小中学生
方丈庭園\600\500\400
三門\600\500\400
南禅院\400\350\250

境内への立ち入りは無料です。

南禅寺への行き方

京都駅から南禅寺へ行く場合

蹴上駅を下車した後、「ねじりまんぽ」と呼ばれる隧道を抜けると南禅寺への近道になります。

ねじりまんぽ

南禅寺の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次