層雲峡:紅葉は一見の価値あり!大雪山エリアにある自然豊かな景勝地

オススメ度

層雲峡は、日本の国立公園の中でも最も大きい大雪山国立公園の南に位置する、石狩川を挟むように約24km続く断崖絶壁の峡谷です。

ここには自然に作り上げられた峡谷の景勝地に加え、北海道の自生種をはじめ約900品種の草花が植えられているガーデンなど、たくさんの観光スポットが点在しているほか、また大雪山系最大の温泉街である “層雲峡温泉” もあります。

目次

層雲峡のNo,1スポット大函では迫力の絶壁が見られる

大函は、層雲峡温泉街から国道39号を南下し、新大函トンネルを過ぎたところにある柱状節理の断崖のことで、景勝地として親しまれています。
特に層雲峡の中でも素晴らしい景観が見られる場所として有名で、自然の営みによってできた規則正しい柱のような割れ方をしている絶壁が見られます。

層雲峡ロープウェイでお手軽登山が楽しめる

大雪山系の山々を手軽にハイキングしたいのなら、層雲峡温泉街から出ている層雲峡ロープウェイを使いましょう。
ゴンドラとリフトからは迫力ある大雪山の雄大な大自然を眺められるほか、秋になると落葉樹の綺麗な紅葉を見ることができます。

層雲峡ロープウェイを使うと、黒岳の標高1520m地点まで簡単に登ることができ、またそこから頂上までは1時間半ほどで行くことができます。尚、ロープウェイの終着駅より上は本格的な登山道となっており、また夏場と言えども冷え込みますので、準備は怠らないよう気をつけましょう。

日本の滝100選にも選ばれる銀河の滝・流星の滝

層雲峡温泉街から少し南下した所には、切り立った断崖から流れ落ちる2本の滝、“流星の滝” と “銀河の滝” があります。

写真右の、水量が多くまた力強く水が落下している滝が流星の滝で、対する左側、白糸のように滝が枝分かれしているのが銀河の滝です。

滝の様相は、駐車場からすぐ見られるので、近くを通る際は足を運んでみてはいかがでしょう。

層雲峡インフォメーション

オススメ度

名称
層雲峡
住所 [Google Map]
〒078-1701 北海道上川郡上川町
公式サイト
https://sounkyo.net/

層雲峡への行き方

札幌駅から層雲峡へは電車とバスを乗り継いで行くことができます。特急のライラックは、追加で2360円を支払えば指定席に座れます。

層雲峡の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次