平安神宮:広大な敷地に広がる日本庭園の美しさは必見

オススメ度

平安神宮は平安遷都1100年を記念して1895年に創建されました。朱色が鮮やかな境内が有名で、京都観光でぜひ訪れたい場所のひとつです。

平安神宮では祭典、行事が1年を通じて行われていますが、その他にも結婚式や披露宴、ライブなども行われ、創建より京都の人々からとても親しまれています。

目次

力強い柱が特徴の大鳥居

1929年に昭和天皇の即位を記念して建てられた大鳥居は、その太く力強い柱が特徴で大きさは高さ24m、幅は18m。建設当時は日本で一番の大きさを誇りました。

朱色に緑の屋根が鮮やかな建造物

応天門【重要文化財】
大極殿【重要文化財】

京都でも指折りの庭園「神苑」

橋殿

平安神宮の神苑は東・中・西・南の四つの庭から成り、総面積約33,000㎡もの広大な池泉回遊式庭園です。明治時代の代表的な日本庭園として広く知られており、しだれ桜、花菖蒲、紅葉など四季折々の雅な景色を見せてくれます。

平安神宮インフォメーション

オススメ度

名称
平安神宮
住所 [Google Map]
〒606-8341 京都府京都市左京区岡崎西天王町97
営業時間
8:30 – 17:30 (3月1日 – 3月14日)
8:30 – 18:00 (3月15日 – 9月30日)
8:30 – 17:30 (10月1日 – 10月31日)
8:30 – 17:00 (11月1日 – 2月末日)
最終入場は営業時間の30分前までです。
定休日
無し
入場料金
¥600 (大人)
¥300 (小人)
駐車場
無し (周囲に有料のパーキングがあり。ただし時期によっては混雑する場合があるので公共機関を使ってのアクセスをお勧めします)
公式サイト
http://www.heianjingu.or.jp/index.html
施設サービス情報
このアイコンはなに?

平安神宮への行き方

京都駅から平安神宮へ行く場合

電車を利用する

バスを利用する

平安神宮の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次