日本酒を知ろう!造りや原料で異なる日本酒の種類

日本酒は日本の酒税法により、使われる原料や製造方法によって分類されています。
日本人でもその違いをきちんと説明できる人は多くありませんが、基本を押さえておくだけで数多くある日本酒の中から好みにあったものを選びやすくなります。

ここではブランドでは無く、製造や原料によって分類される日本酒の種類について紹介します。

目次

まずは大きく分けられる【特定名称酒】と【普通酒】の違い

【特定名称酒】

原料や製法が一定の基準を満たす日本酒で8種類に分類されています。

  • 本醸造酒 (honjyouzousyu)
  • 純米酒 (jyunmaisyu)
  • 特別本醸造酒 (tokubetu honjyouzousyu)
  • 特別純米酒 (tokubetu jyunmaisyu)
  • 吟醸酒 (ginjyousyu)
  • 純米吟醸酒 (jyunmai ginjyousyu)
  • 大吟醸酒 (dai ginjyousyu)
  • 純米大吟醸酒 (jyunmai dai ginjyousyu)

それぞれの違いは事項で詳しく紹介します。

【普通酒 (一般酒)】

前出の特定名称の酒として区分されない日本酒です。
特定名称酒の基準に満たないグレードのお米が使われていたり、米、米麹以外の原料を使用した場合も普通酒と呼ばれます。

流通している日本酒の約70%は普通酒であり、価格は比較的手頃で、日常のお酒として楽しまれています。

特定名称酒の種類は3種類

吟醸酒・純米酒・本醸造酒の3種に分類され、そこから精米歩合などによって更に8つの名称に分類されます。

精米歩合とは

精米歩合とは、白米の玄米に対する重量の割合をいい、例えば精米歩合60%であれば、玄米の表層部を40%削ることを示します。
お米は中心になるほど香りが高く、お酒になったとき雑味が少なくなく高級な味わいに仕上がります。

このお米を「削る」事を「お米を磨く」とも言いますが、沢山のお水で丁寧に磨かれて美味しいお酒になっていくのです。

吟醸酒

精米歩合60%以下の米と米麹、醸造アルコール、水を原料に、吟醸造りという製法で造られているものを指します。

《吟醸造りとは》国税庁ホームページより抜粋
特別に吟味して醸造することをいい、伝統的には、よりよく精米した白米を低温でゆっくり発酵させ、かすの割合を高くして、特有な芳香(吟香)を有するように醸造することをいいます。

香味と色つやが良く、フルーティーな味わいが特徴です。

純米酒

米、米麹、水だけで造られた日本酒です。
米本来の旨味や香りが楽しめるのが特徴です。

本醸造酒

精米歩合70%以下の米と米麹、醸造アルコール、水で造られた日本酒です。
比較的シンプルな味わいになっています。

ラベルの表記を見てみよう

特定名称酒は瓶などの容器にその種類が名称が記されています。

美味しいと感じたお酒を見つけたらその名前だけではなく、是非、種類も覚えておきましょう。
もしも同じブランドの日本酒が手に入らなかった時は、同じ種類のものを選ぶと好みの味わいに近いかもしれません。

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次