三十三間堂:1001体の千手観音から自分似の観音様を探そう!

オススメ度

正式名は、蓮華王院 (れんげおういん) でと言い、京都市東山区にある,妙法院に属する天台宗山門派の寺院です。
その本堂が「三十三間堂」と呼ばれており、これは、お堂内陣の柱間が33あるという特徴から来たものです。

本尊は千手観音で、お堂には1001体もの千手観音像が祀られており、黄金を放ちながら整然と並ぶ姿は圧巻で、国宝に指定されています。
堂内は撮影が禁止されているので、京都観光の際には是非訪れて、直接ご覧になる事をおすすめします。

目次

本堂【国宝】

平安時代の1165年に建立され、1249年に市中からの火災により焼失。その後、鎌倉期の1266年に再建されたのが現存のもので、高さ16メートル、奥行き22メートル、南北120メートルもの長大なお堂です。

庭園

2021年に整備され、新たな姿でお目見えした庭園は本堂とよく調和が見事です。
遊歩道にそって歩くことが出来ます。

三十三間堂インフォメーション

オススメ度

名称
三十三間堂
住所 [Google Map]
〒605-0941 京都市東山区三十三間堂廻り町657
営業時間
8:30 – 17:00 (4月 – 11月15日)
9:00 – 16:00 (11月16日 – 3月)
最終入場は営業時間の30分前までです。
定休日
無し
入場料金
¥600 (大人)
¥400 (中・高校生)
¥300 (子供)
駐車場
50台
公式サイト
http://www.sanjusangendo.jp
施設サービス情報
このアイコンはなに?

三十三間堂への行き方

京都駅から三十三間堂へ行く場合

三十三間堂の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次