すき焼き:Sukiyaki

あすき焼きは、肉や野菜を醤油や砂糖と一緒に、浅い鍋で煮込み、溶いた生卵と一緒に食べる料理です。

一般的にお肉は薄切りの牛肉を使いますが、豚肉や鶏肉を使う事もあり、鶏肉の場合には「鶏すき」、豚肉の場合には「豚すき」とも呼ばれます。
お肉以外には春菊、長ネギ、焼き豆腐、椎茸などが入れられるのが一般的で、その他にもキノコ類や白菜、お麩なども鍋に入れられます。

一般家庭では、醤油、砂糖、みりん、お水を入れた鍋に肉や野菜を入れて煮込む事が多いですが、すき焼き専門店や旅館の食事の場合は少し異なります。最初に肉だけを鍋に入れて焼き、そこに醤油、砂糖で味をつけ、肉の味を楽しんだ後に、酒や水をいれ、野菜等と煮て食します。

すき焼きは京都が発祥の地と言われており、関西ではこのような食べ方を「すき焼き」と言い、予めつゆで満たされた鍋の中に具を入れて煮込む食べ方は「牛鍋」と言って区別する事もあります。

すき焼きに使われる主な食材

すき焼きが食べられるところ

すき焼きの専門店やカジュアルレストラン・ファストフードのメニューの一つとして食べる事ができます。
専門店では主に和牛などの高級なお肉を使用する事から、5000円~20000円程で高級な和食に分類されます。

もっと手軽に楽しみたい場合には、ファーストフードやカジュアルレストランで700円~1500円程で食べる事ができます。
また、焼肉のチェーン店では、すき焼きを食べ放題で提供しているお店もあり、2500円~4500円程でお腹いっぱい楽しむ事が出来ます。

高級店

モリタ屋

1869年に創業した京都で初の牛肉屋が営む、老舗のすき焼き店です。
京都の3店舗以外にも、大阪に1店舗、東京に2店舗を構えています。

公式ホームページ:http://www.moritaya-net.com/

今半本店

今半本店は東京の浅草にある1895年創業の老舗です。
入り口は大衆食堂風ですが、中庭を進んで奥には純和風の建物があり、お座敷の席が用意されています。
※今半と名の付く料理店が他に4店舗ありますが、暖簾分けされた別の店舗ですので、予約や問い合わせの際には注意しましょう。

住所:〒111-0032 東京都台東区浅草1-19-7 [Google Map]
公式ホームページ:https://imahan-honten.co.jp/

三嶋亭

京都にある140余年の歴史をもつ、老舗のすき焼き店です。
行灯に瓦屋根の風情のある店舗が有名な本店、京都の中心部でアクセスの良い高島屋京都店、精肉販売店と併設で気軽に立ち寄れる大丸京都店が有ります。

■本店
住所:〒604-8035 京都府京都市中京区桜之町405 [Google Map]

■高島屋京都店
住所:〒600-8520 京都市下京区四条通河原町西入真町52番地 [Google Map]

■大丸京都店
住所:〒600-8441 京都府京都市下京区四条通高倉西入ル西町79 [Google Map]

公式ホームページ:https://www.mishima-tei.co.jp/

チェーン店・カジュアルレストラン

やよい軒

和洋折衷の定食を提供する「やよい軒」では、すき焼き定食を手ごろな価格で食べる事が出来ます。

全国展開
公式ホームページ:https://www.yayoiken.com/

ファストフード

吉野家

日本全国チェーン店を持ち、牛丼をはじめとしたバラエティ豊富なメニューを展開している吉野家なら、1000円以下ですき焼き鍋を食す事が出来ます。

全国展開
公式ホームページ:https://www.yoshinoya.com/

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次