天ぷら:Tempura

天ぷらは野菜や魚介類に小麦粉を水・卵で溶いた衣を薄くつけて油で揚げた料理です。
日本国外の人からも寿司と同じくらいの高い人気があります。

天ぷらは使用する油の種類によって、色や香り、味が異なります。天ぷらの専門店によっては、焙煎したごま油で天ぷらを揚げます。色がほんのり黒っぽく、ごま油の香り高い仕上がりになります。同じごま油でも焙煎していないごまを使った、太白ごま油であげた天ぷらは白く、癖の無い仕上がりで食材のおいしさが引き立ちます。ごま油は高価な為、専門店以外では菜種油やコーン油などが使用されます。

天ぷらは天つゆと呼ばれる醤油ベースのつゆ、もしくは塩につけて食べるのが一般的ですが、その他にも塩に抹茶を混ぜた抹茶塩、スダチや柚子、わさび等でも美味しく食べる事が出来ます。

天ぷらに使われる代表的な食材

その他にも春菊・鶏肉・小柱・たけのこ・海苔・たらの芽・みょうが、紅ショウガ、などが天ぷらには幅広い具材が使われます。

天ぷらの種類

かき揚げ

細かく切った玉ねぎやゴボウ等の野菜や、小エビを合わせて天ぷらにしたものを “かき揚げ” と言います。

磯部揚げ

衣に青のりを混ぜ込んだもので揚げた天ぷらを“磯部揚げ”と言います。

天ぷらを使ったメニュー

天丼

ご飯の上に天ぷらが乗せられ、少し甘みのある醤油ベースのタレがかけられています。

海老の天ぷらがメインの天丼は“海老天丼”と言います。

天重

天丼が丸い器に盛られているのに対し、四角い“お重”と呼ばれる器に盛られています。

海老の天ぷらがメインの天丼は“海老天重”と言います。

天ぷら蕎麦 / 天ぷらうどん

蕎麦やうどんのトッピングとして天ぷらはとてもよく合います。

天むす

おにぎりの具材に海老の天ぷらが入っています。

天ぷらが食べられる所

天ぷらは高価な専門店、手ごろな価格のチェーン店やカジュアルなレストランのメニューの一つとしても食べる事が出来ます。また、スーパーマーケットやコンビニでも売られています。
天ぷらは具材の下ごしらえ、油の質、揚げ方で美味しさが大きく異なります。また、揚げたてを食べるのが一番美味しいので、是非専門店で食べる事をおすすめします。

天ぷらは家庭でも調理する事ができます。衣がサクサクに仕上がるように工夫された天ぷら専用の粉が売られているので、好みの具材で作ってみるのもおすすめです。

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次