【岩手県の世界遺産】藤原清衡の安寧の願いが込められた「中尊寺」

オススメ度

中尊寺は西暦850年 (嘉祥3年)に、比叡山延暦寺の慈覚大師円仁が開創したのが始まりとされます。
そしてその後の12世紀初頭、平泉を中心に奥羽地方 (現在の東北地方)一帯を治めていた、奥州藤原氏の初代・藤原清衡によって、大規模な堂塔が建立されました。

平泉には中尊寺を中心に、仏教の浄土思想に基づいて作られた多様な寺院と、庭園、遺跡が良好な状態で保存されていることから、ユネスコの世界文化遺産に登録されています。

目次

中尊寺の由来

11世紀の中ごろから後半にかけて東北地方では、大規模な2度の戦争 “前九年・後三年合戦”が起こりました。
この戦乱に巻き込まれて亡くなった全ての人々を憐れんだ藤原清衡は、御霊を敵味方を区別することなく慰めるため、中尊寺を建立しました。

藤原清衡自身も戦乱によって父や妻子を失っており、中尊寺はそんな清衡公の非戦の決意でもあります。

国宝にも指定される“金色堂”

写真は金色堂を保護する目的で建てられてたコンクリート造の建物です。
また室内は撮影禁止となります。

中尊寺の金色堂は、1124年 (天治元年)に建てられました。
境内に残る堂塔の中でも特に、当時の工芸技術が集約された御堂となっており、内外にふんだんに使われた金箔は豪華絢爛そのもの。極楽浄土の様相を表現しようと、清衡公の願いが込められています。

堂内の本尊を祀る場所 “須弥壇 (しゅみどう)”の内陣には、夜光貝を用いた螺鈿細工に、象牙や宝石などもあしらわれており、阿弥陀如来、観音勢至菩薩、地蔵菩薩など全6体の仏像が祀られています。

中尊寺の表参道 “月見坂”

月見坂は約800mあり、県道に面した第1駐車場のすぐ脇から、中尊寺までを繋いでおり、参拝客の表参道として利用されています。

月見坂沿いには、樹齢300年を超える杉が茂っており、また本堂に到着するまでに薬師堂、薬師堂、弁慶堂、八幡堂などのお堂が見られます。坂道の区間は長いので、自然とお堂を楽しみながらゆっくり登っていきましょう。

本堂

中尊寺の中心となる本堂は1909年 (明治42年)に再建されたもので、祭事などのほとんどがこの本堂で執り行われます。

本尊には釈迦如来が祀られており、像の高さは約2.7mあり、台座や光背 (神仏から発せられる光明を視覚的に表したもの)を含めると、高さは約5mにもなります。
また本尊両脇に配されている灯籠は、“不滅の法灯”と言い、総本山延暦寺から分けられた灯りです。この灯は天台宗の宗祖である伝教大師最澄が灯して以来、消えたことがないと言われる天台宗の象徴的な灯です。

中尊寺インフォメーション

オススメ度

名称
中尊寺
住所 [Google Map]
〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202
営業時間
8:30 – 17:00 (3月 – 11月3日)
8:30 – 16:30 (11月4日 – 2月末)
拝観券の発行は営業終了の10分前までです。
入場料金
¥800 (大人)
¥500 (高校生)
¥300 (中学生)
¥200 (小学生)
駐車場
第一駐車場
¥400 (普通車)
第二駐車場
¥400 (普通車)
坂の上駐車場
¥500 (普通車)
公式サイト
https://www.chusonji.or.jp/index.html
施設サービス情報
このアイコンはなに?

中尊寺への行き方

盛岡駅から中尊寺へ行く場合

花巻空港駅から中尊寺へ行く場合

中尊寺の入り口からは、本堂まで550m、金色堂まで800m歩くこととなります。
道中には数々のお堂が建ち並んでいますので、ゆっくり自分のペースで進みましょう。

中尊寺の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次