三室戸寺:Mimurotoji Temple

オススメ度

境内を飾る木花の美しさが有名な神社仏閣が多くある京都のなかでも、特に人気が高いのがここ、宇治にある三室戸寺(みむろとじ) で、四季折々の自然に触れる事ができます。

6月には2万株、約50種にも及ぶあじさいが雨模様を彩り、「あじさい寺」としても知られていますが、三室戸寺はツツジや蓮でも有名で「つつじ寺」「蓮寺」とも呼ばれ、春から初夏にかけては特に沢山の観光客でにぎわいます。

目次

三室戸寺はこんなお寺

本堂
本堂

三室戸寺は約1200年前に光仁天皇の勅願により創建されたと言われています。本尊は千手観音菩薩。
現在の本堂は1814年に再建されたもので、京都府有形文化財に指定されています。

三室戸寺は山裾にあり、境内には高低差があるため、歩きやすい格好で訪れるのをおすすめします。

三室戸寺で四季を感じる

つつじやあじさいの見頃の時季は拝観料が通常時と異なりますが、手入れの行き届いたその景観は一見の価値があります。

つつじ

4月下旬 – 5月上旬頃

紫・ピンク・白のつつじ2万株はゴールデンウイーク前後に満開の見頃を迎えます。

2022年「つつじ園」
期間:2022年4月23日(土) – 5月15日(日)
時間:8:30 – 16:30
拝観料:\800 (大人) \400 (小人)

あじさい

6月 – 7月上旬

2万株、約50もの豊富な品種のあじさいによって、情緒あふれる景色が広がります。

2022年「あじさい園」
期間:2022年年6月1日(水) – 7月10日(日)
時間:8:30 – 16:30
拝観料:\800 (大人) \400 (小人)

7月上旬 – 8月中旬

本堂前の蓮園では100種、250鉢の蓮が咲き、まるで極楽浄土を見るかのようです。

期間:2022年6月下旬 – 8月上旬頃
時間:8:30 – 16:30

紅葉

11月下旬 – 12月上旬

江戸時代には「三室戸の紅楓 (べにかえで)」として、宇治十二景の一つに数えられた紅葉の名所です。

黄色く色付く銀杏とのコラボレーションも見事です。

花の茶屋

甘味とお花を同時に堪能できる「花の茶屋」で贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

営業期間 4月13日から7月中旬
※つつじ、シャクナゲ、紫陽花庭園のオープン期間中

営業時間 8:30 – 16:30
※紫陽花ライトアップ開催 土曜/8:30 – 16:30 日曜/19:00 – 21:00

三室戸寺インフォメーション

オススメ度

名称
三室戸寺 (みむろとじ)
住所 [Google Map]
〒611-0013 京都府宇治市莵道滋賀谷21
拝観時間
8:30 – 16:30 (4月 – 10月)
8:30 – 16:00 (11月 – 3月)
最終入場は閉門時間の30分前までです。
定休日
12月29・30・31日
8月13・14・15日
※気象警報が発令されている場合は、拝観が中止になります。
拝観料
¥500 (大人)
¥300 (小人)
しだれ梅園開園期間中 ¥800 (大人) ¥400 (小人)
つつじ園開園期間中 ¥800(大人) ¥400 (小人)
あじさい園開園期間中 ¥1000(大人) ¥500 (小人)
あじさいライトアップ期間中 ¥1000(大人) ¥500 (小人)
駐車場
乗用車 300台 ¥500
※6月中旬から下旬の土曜・日曜は、駐車場の大混雑が予想されます。
公式サイト
https://www.mimurotoji.com/
施設サービス情報
このアイコンはなに?
※宝物館拝観は収蔵庫修理のため、令和5年3月まで拝観はできません。

三室戸寺への行き方

三室戸寺の最寄り駅は三室戸駅で、山門まで約1.1km、徒歩で16分程です。
徒歩の時間を減らしたい場合はタクシーの利用か、宇治駅からバスの利用をおすすめします。

京都駅から電車とバスを利用する場合

三室戸寺に近い門前バス停に停車する40、40A系統への乗車がおすすめですが、250A系統と併せて1時間に1本程の運行となっています。このバスは京阪線の宇治駅バス停からも乗車する事が出来ます。

あじさいの季節には三室戸寺の駐車場まで行く事ができる「臨時あじさい号」が宇治駅から出るので、バス会社の公式サイトで確認してみましょう。

京阪バス公式サイトはこちら

車でアクセスする際の注意点

6月中旬から下旬の土曜・日曜は、駐車場が大変混雑するので、公共交通機関でのアクセスをおすすめします。

三室戸寺の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次