【世界遺産】異国の趣を感じる琉球王国の別邸「識名園」

オススメ度

首里城から南に直線で1.5km程の位置にある、琉球王家の別邸です。1799年に作られ、1941年に国の「名勝」に指定されましたが、1945年4月、第2次世界大戦の沖縄戦で大きく破壊。1975年から96年にかけて大規模に復元整備され2000年にユネスコ世界遺産 (琉球王国のグスク及び関連遺産群) に登録されました。

廻遊式庭園 (かいゆうしきていえん) の識名園では梅や藤、桔梗などを池の周囲を散策しながら見る事が出来ます。

目次

中国風あずまや「六角堂」

識名園は外国使臣の接待の場として大切な役目を担っていました。貿易相手国として良好な関係を築いていきたい中国を意識して作られた事がわかる、黒い瓦の中国風あずまやが池に浮かぶように建っています。

心字池とアーチ

識名園の池は「心」の字をくずした形になっており、「心字池」と呼ばれています。
心字池に架けられた石造りのアーチは渡ることができます。

御殿 (うどぅん)

画像提供 ©OCVB

「ごてん」ではなく「うどぅん」と読みます。15の部屋があり識名園の母屋にあたります。
2015年に囲碁の七大タイトル戦の一つ本因坊戦の舞台ともなり注目を浴びました。

識名園からの眺望

高台に位置しているため、那覇の街並みを一望する事が出来ます。

識名園インフォメーション

新型コロナウィルスについて
  • 掲載している観光地は、新型コロナウイルス感染対策により、運営内容が変わっている可能性があります。最新情報は公式サイトで確認してください。

オススメ度

名称
識名園
住所 [Google Map]
〒902-0072 沖縄県那覇市真地421-7
営業時間
4月1日 – 9月30日 9:00 – 18:00 (入場締め切り 17:30)
10月1日 – 3月31日 9:00 – 17:30 (入場締め切り 17:00)
定休日
水曜日
(水曜日が休日又は「慰霊の日」(6月23日) のときは、その翌日)
入場料金
¥400 (大人)
¥200 (小人 中学生以下)
駐車場
有り
公式サイト
那覇市公式サイト https://www.city.naha.okinawa.jp/kankou/bunkazai/shikinaen.html

識名園への行き方

那覇空港から識名園へ行く場合

所要時間は目安です。

首里城から識名園へ行く場合は約2.1km、徒歩で30分程かかります。バスも路線が無い為、タクシーでの移動がいいでしょう。

識名園の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次