地元料理やお土産が楽しめる♪那覇のメインストリート「国際通り」

オススメ度

那覇市の県庁北口交差点から安里三叉路まで、約1.6kmつづく那覇市のメインストリートです。
戦争で大きな被害をうけ、焼け野原となった場所からめざましい発展を遂げた1マイル(1.6km)のこの道は、復興のシンボルとして「奇跡の1マイル」とも呼ばれています。

道路の両側には琉球地料理店やステーキハウス、Tシャツ、沖縄みやげ、スイーツ、シーサーや琉球ガラスなど、沖縄らしいアイテムを扱うショップが立ち並んでいますが、新型コロナウイルス感染症の影響により観光客が激減。多くの店舗が閉店に追い込まれました。そして現在、以前のような活気を取り戻すため「奇跡の1マイル再び」としてさまざまな取り組みが行われています。

国際通りから那覇空港まではゆいレール (モノレール) を利用すれば渋滞もなく、25分ほど行くことが出来ます。
沖縄は渋滞が多く発生するので、帰りの際には早めに那覇市内へ戻り、国際通りで買い物や食事をしながらフライトの時間に合わせるのがおすすめです。

目次

沖縄の食文化をまるごと楽しめる「第一牧志公設市場」

国際通りの中ほどから少し道をそれた場所に第一牧志公設市場があります。
戦後間もなくに自然発生した闇市から始まり、1950年に開設された那覇の大市場です。市民・県民の台所として地域の人々に愛され続け、近年は沖縄の食文化を継承する施設として人気観光スポットの一つになっています。

1階は鮮魚、精肉、薬草、乾物、お酒、お土産などを扱う店舗が70件ほど、2階には10店舗ほどの飲食店が並んでおり、沖縄らしい食材が揃い、手ごろな価格で沖縄料理を楽しむ事ができます。また、「持ち上げ」という、市場で買った食材をその場で調理してもらえる有料サービスがあり、沖縄の食文化を存分に楽しむことができます。

名称
第一牧志公設市場
住所 [Google Map]
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾2丁目7-10
営業時間
8:00 – 21:00(店舗で異なります)
※2階食堂ラストオーダー 20:00
定休日
12月を除き毎月第4日曜日 / 正月 / 旧正月 / 旧盆(店舗により異なる)
入場料金
無し
駐車場
無し
公式サイト
https://makishi-public-market.jp/
施設サービス情報
このアイコンはなに?

昔ながらのアーケード商店街「市場本通り」

©OCVB

国際通りのちょうど中央に入り口があり、アーケードは160m続いています。
沖縄観光のお土産品やお菓子、フルーツを扱うお店が多く並ぶ商店街ですが、沖縄の郷土菓子のお店があることから以前は「お菓子通り」とも呼ばれていたそうです。

アーケードになっているので雨の日でもゆっくりと買い物を楽しめるのもいいところ。
国際通り、第一牧志公設市場、市場本通りを巡れば大抵の沖縄土産は探すことができるでしょう。

名称
市場本通り
住所 [Google Map]
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾2丁目8
公式サイト
http://nahacci.or.jp/nahamachi/mall/345

国際通りインフォメーション

新型コロナウィルスについて
  • 掲載している観光地は、新型コロナウイルス感染対策により、運営内容が変わっている可能性があります。最新情報は公式サイトで確認してください。
©OCVB

オススメ度

名称
国際通り
住所 [Google Map]
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目1
公式サイト
https://naha-kokusaidori.okinawa/

国際通りへの行き方

那覇空港から国際通りへバスで行く場合

所要時間は目安です。

那覇空港から国際通りへモノレールで行く場合

所要時間は目安です。

那覇市内は渋滞が発生することが多いので、影響を受けないモノレールの利用をおすすめします。

ゆいレール時刻表はこちら(公式サイト)

国際通りの周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次