広島市にある「広島城」は豊臣政権五大老のひとり毛利輝元が築城したお城!

オススメ度

広島城は太田川河口の三角州に毛利輝元 (もうり てるもと 1553 – 1625年) が築いたお城で、天守閣は1592年から1599年の間に築造されたとみられています。1600年の関ヶ原の戦いの後、輝元に代わって福島正則 (ふくしま まさのり 1561 – 1624年)が入城し、外堀や外郭の整備をすすめ広島城が完成しました。

しかし、その後、洪水によって広島城の本丸・二の丸・三の丸・石垣などが損壊。それを無断で修理したことで武家諸法度違反に問われ、福島正則は広島城を追われます。代わって入城したのは浅野長晟 (あさの ながあきら 1586 – 1632年) で、以降250年間、12代にわたって浅野氏が城主となります。

1874年には本丸、三の丸で出火し、多くの建造物が焼失。1945年、原子爆弾により天守閣をはじめ、城内の全ての建造物が壊滅しました。
現在の天守閣は1958年に鉄筋コンクリートで外観復元されたもので、内部は広島城や城下町の歴史をテーマにした博物館となっており、1層から4層までは展示室、最上層は展望室になっています。

目次

お堀にも歴史あり

太鼓櫓 (たいこやぐら)

元々は内堀・中堀・外堀と三重に囲われていた城でしたが、中堀・外堀は埋め立てられ、現在残っているのは内堀のみです。
河口の三角州に建てられた広島城のお堀は豊富な水源を生かした幅広な水堀で、まるで水に浮かぶ島の様に見えます。

お堀の水は、明治時代までは太田川から導いていましたが、その後、埋め立てにより閉鎖性水域へ。そのため水質は悪化し、アオコなどの異常発生や、魚の大量死、悪臭被害が発生するようになってしまいました。
平成元年、お堀の環境復元のため、旧太田川から導水をする工事が行われ、平成5年度に完成。現在はお堀を舟でめぐるサービスが人気で、鯉やフナだけではなく、なんとウナギまで見られる事もあるそうです。

天守閣を木造復元へ

天守閣 (てんしゅかく)

現在見る事ができる外観復元された広島城は築60年を超えました。老朽化が進み耐震面でも心配がされています。
2021年、広島市の松井一実市長は「木造復元を目指す」と市議会予算特別委員会で表明しましたが、約86億円と試算される費用の財源のめどが立っていません。
天守閣の木造復元には約20年かかるそうですが、完成したその姿をぜひ見てみたいものです。

広島城インフォメーション

新型コロナウィルスについて
  • 掲載している観光地は、新型コロナウイルス感染対策により、運営内容が変わっている可能性があります。最新情報は公式サイトで確認してください。

オススメ度

名称
広島城
住所 [Google Map]
〒730-0011 広島県広島市中区基町21-1
開館時間
天守閣
9:00 – 18:00 (4月 – 9月) (入館は17:30まで)
9:00 – 17:00 (10月 – 3月) (入館は16:30まで)
二の丸
9:00 – 17:30 (4月 – 9月) (入館は17:00まで)
9:00 – 16:30 (10月 – 3月) (入館は16:00まで)
休館日
天守閣
年末 (12月29日 – 31日) 臨時休館あり
二の丸
年末年始 (12月29日 – 1月2日)
観覧料
天守閣
¥370 (大人)
¥180 (65歳以上 / 年齢を確認できる公的証明書が必要)
¥180 (高校生)
無料 (中学生以下)
二の丸
無料
駐車場
無し 周囲に有料駐車場あり
公式サイト
https://www.rijo-castle.jp/
施設サービス情報
このアイコンはなに?
その他の情報
天守閣内はすべて階段でエレベーターはありません。

広島城への行き方

所要時間は目安です最適な乗り換え順路は検索時間により異なります。

広島城の周辺スポット

※本記事に掲載されている内容や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認ください。
また、内容に関する修正のご依頼はこちらよりお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次